自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

GTOのお色直し作業 その4

以前掲載していたGTO作業の続きです。
一旦使用したいとの希望で仮退院です。
前回からの未掲載分の作業です。
主にタイミングベルト関係の交換作業とドア関係の塗装、その他部品の塗装などです。

まずはタイミングベルト関係の部品交換整備です。
バラしてゆきます。



折角ご自身でタペットカバーパッキンを交換していただきましたが、カムシャフトオイルシール交換に伴い、カムプーリー固定ボルトを外さなくてはならないので、開けさせて頂きました。 フロントバンクはゆるめるだけならインパクトレンチも入るのでゆるみますが、締める際に固定するカ所がないので、結局はタペットカバーは開けてカムを固定してボルトの脱着を行います。 カムプーリーボルトはメッチャトルクで締まってます。 プーリー取り外し後、カムシャフトオイルシールの打ち換え。  オイルの滲みは有りませんでしたが、保全交換ですべて交換しておきます。

hekirusan_GTO_shiage2017_50.jpg

こちらはリアバンク、 前期型は作業が比較的楽です。 中期以降は大変です。
それでもシールの打ち換えはコツがいるんですよ・・・。 なにせ狭い・・・。

hekirusan_GTO_shiage2017_52.jpg

順序が多少前後しましたが、平行してウォーターポンプの交換。 古いガスケットは剥がしてオイルストーンで密着面を研磨。
Oリングも新品に交換です。 

hekirusan_GTO_shiage2017_49.jpg

交換部品の一部です。 新旧部品の比較。  

hekirusan_GTO_shiage2017_51.jpg
 
クーラーベルトのアイドラーは交換が初のようなので、26年頑張ってきたようですね。 w
よく持ちました。 少しガタ出てましたね。 新品に交換です。 アイドラプーリー1個が¥7400(純正品)って高すぎだろっ! 

hekirusan_GTO_shiage2017_53.jpg

クランクシャフトオイルシールも打ち換えまして、カム4カ所とクランクのタイミング位置を出して、三菱の微妙なオートテンショナーの調整方法でベルトテンションを決め、、クランクを2回転後、各タイミング位置が問題ないのを確認。 この後30分放置で再度クランクを回し、位置の確認。 張りも問題なさそうなので組み付けで折り返しです。

hekirusan_GTO_shiage2017_55.jpg

ベルトの張りを確認したかったので、上部のベルトカバーは取り付けずに、パイピングやラジエター類を組み直して、冷却水を注入して、いざエンジン始動。  4カムのGTOの場合は1発目の始動はドキドキしますね。 コマズレしてたらどうしよう・・・って。笑。
 問題なく始動し、エアー抜きも完了。  オーナーさん曰く、メインのラジエターファンが始動しなくて水温が上がってしまうと聞いていましたが、ラジエターファン/コンデンサーファン共に直結12Vで動作確認。
 ラジエターファンラジエターファンスイッチ(センサー)を交換後、カプラーの端子も白く表面サビがでていたので、端子のオス/メスを研磨。 組み付け後、水温89度で無事元気にラジエターファン回ってくれました。 良かった良かった!

hekirusan_GTO_shiage2017_56.jpg

続いてドアの塗装補修。 補修といってもクリアーの劣化などですので、足付け&劣化カ所の補修で1面サフェーサーを吹きます。

hekirusan_GTO_shiage2017_57.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_58.jpg

サフェーサー乾燥/研磨後、下色のピンクを塗装します。

hekirusan_GTO_shiage2017_59.jpg

本塗り/ラメ塗装/クリアーで仕上げ。
乾燥後研磨にて組み付けです。

hekirusan_GTO_shiage2017_60.jpg

別で用意されていたドアパネルも中古ベースの為補修。

hekirusan_GTO_shiage2017_61.jpg

こちらも仕上げ直し。

hekirusan_GTO_shiage2017_62.jpg

ベルトカバー(アッパー)とスカッフプレートのゴールドメジアムメタでの塗装。

hekirusan_GTO_shiage2017_63.jpg

他にも細かい部品を複数塗装しましたが割愛。

お盆後に戻ってきてから再開になるかと思います。


スポンサーサイト
  1. 2017/08/10(木) 01:41:15|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:0
<<バネットトラック(ボンゴトラック)の腐り修理からのカスタム仕様への作業 その6 | ホーム | ipadのタッチパネル交換。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する