FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

アルファード リアアクスルブッシュ交換/タペットカバーパッキン交換

自分家の車なんですけどね、部品は半年以上前に購入していましたが、なかなか時間がとれずのばしのばしになってしまっていました。 今回お盆のタイミングで一気に作業すませました・・・。

 リアの足回りからゴトゴトと異音。 確認したらリアアクスルの付け根のブッシュがヒビヒビでぶった切れているではないですか!?
コチラは左右分のブッシュを用意。

 中古車購入時からオイルの漏れはありました。 調べてみたらタペットカバーパッキン(ヘッドカバーパッキン)からの漏れ。
同じエンジン積んでいるエスティマや10型アルファード(V6)には多い症状のようですね。
 前後バンク分のタペットカバーパッキン&プラグホールパッキン、スパークプラグ6本、インマニ&スロットルボディーのガスケットを用意しました。 

 上記、どちらの部品もなんとかなるっぺ!という見切り発車での作業開始に後々泣かされるハメに・・・。 自分のだからと適当に考えてはいけませんね・・・。 かなり苦戦しました。(苦笑い)



画像はリアアクスルブッシュ部のボルト(シャフト)を抜き取っったところです。 ここのブッシュが圧入で、SST(特殊工具)を使用してブッシュの抜き出し/引っ張り込みを行うようです。 簡単に考えていましたが、もちろんそんなSSTなんぞ事前には用意していません。  ここではじめてグーグルで他の方の作業を参考にさせていただきました。 皆専用のSSTを使用するか、代用品になるものを自作してSSTもどきを作って入れ替えを行っていました。 (そうだよなぁ・・・なーんか良い方法はないものだろうか・・・)

SSTをしらべてみると、3万円以上するではないですか?! しかも今はお盆で手配も出来ず。 仮にこのSSTを購入したとしても、次いつ使うのよ?! しかも自分の車だし・・・。 そんなもんに3万円も払えなければ(笑)、すでにバラして動けなくなっちゃっているので、別な方法でなんとかするしかない・・・。 このときばかりは珍しく(?)脳みそフル回転で案を絞り出しました。 
 
 アクスル自体がかなりの重量物なので、ブレーキワイヤーやABSセンサーの配線などにも無理をかけさせたくありません。 
かといって、リアブレーキ周りをすべてバラして、アクスルを抜き取ってからの作業というのもこれまた大変。 自分のだからできるだけ簡略化でやりたい。 だって面倒くさいんだもん・・・。

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou02.jpg

リアアクスルブッシュなんて、そうそう交換するものでもないけど車載上での作業となるとどうしても無理があるので、色々考えた結果、とある方法で作業をすることにしました。(これなら片側15分)で打ち換え可能。

 しかーし、絶対問題ないか?というと長い目で見ると微妙だったので、あくまでも自分自身の管理下で使うという縛りの元での方法ですのでここには記載しません。 

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou03.jpg

見たとおりですが、左が取り外したモノ、右が新品。
古い方は明らかにねじ切れていますね。

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou04.jpg

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou05.jpg

こちらは左右共に駄目な画像。

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou06.jpg

折り返しで元の通りに組んで試乗してOK。 がたがた音消えました。 

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou07.jpg

今度はエンジン側の整備。
フロント側のパッキン交換/プラグ交換なんぞは楽勝楽勝!

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou08.jpg

タペットカバーパッキン/プラグホールパッキン、スパークプラグを交換。 

問題はリア側。

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou09.jpg

コイツがまたリアバンク側にアクセスするためには、スロットルボディー/インマニ等を外して(&フリーにして横に逃がす)からの作業になるので、これらの脱着がかなりやっかい。  プラグだけならまだしも、タペットカバーパッキンの場合は後方にあるステー類も外さないとカバーが外れてこないので、その部品の取り付けがきわめて困難。 多数携わっていればコツもつかめるでしょうが、今回は初でしたので、手こずりました。 同じV6でもGTOの同様の作業する方が数倍楽だわ・・・。 後方のスペースがあと2センチあれば全然楽勝なんですけどね。 かなりギリギリなスペースでの設計でした。

 技術的に難しいというよりは、エンジンリアバンクが下の後方に位置している為、上半身をエンジンルーム内部に滑り込ませて結構窮屈な体制での作業(え?まさかオレだけ?)になるので、体制に無理があり非常に疲れる結果になりました。 

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou10.jpg

ようやく外れた・・・。 前後バンク共にタペットカバー内は非常にキレイでした。 安心したぁ~。
まあ、オイル漏れしているならちゃんと直さないと駄目だわな・・・。



10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou11.jpg

折り返しで組み付けです。
ついでなのでスロットルボディーも清掃しておきました。 

組み付けて試乗して完了です。  あ~面倒臭ぇ・・・。

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou13.jpg

今日のにゃんこ

ぽこちゃん、生後3ヶ月くらい?で結構大きいんですが、心はまだ子供なのか?毛布をみるとしょっちゅうおっぱいを飲むときのフミフミをして、チューチューやるんです。 小さいときに早々にノラ猫として生きて保護されたからなのか?母親の記憶が恋しいのか?布団の上ですぐにチューチューふみふみやります。 カワイイ反面、愛情に飢えているのかな?と不憫に思えてしまいます。
 でも毎日家族に可愛がられ、幸せな猫人生?を送ってくれているのではないか?と勝手に思っています。

pokochan0308.jpg

pokochan0307.jpg

pokochan0306.jpg

pokochan0305.jpg

pokochan0304.jpg




関連記事
  1. 2017/08/17(木) 01:49:52|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:2
<<GTO 社外メーターを3連位置に埋め込み/エアロボンネット交換他作業 その1 | ホーム | バネットトラック(ボンゴトラック)の腐り修理からのカスタム仕様への作業 その7>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/03/16(金) 13:53:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2019/05/27(月) 08:05:42 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する