FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

ラシーン4WD セルモーター交換。 激 抜けねぇ・・・。

※追記です。 後から知ったのですが、ラシーンはすべて4WD仕様なのだそうですね。通常のFF仕様もあるのかと思っていました。  当方の勉強不足でした。  以下記事自体はその事を知らずに書いたものですのでご容赦くださいませ。

知り合いのお兄さんの車です。 兄弟共によく知っている方の車になります。
最近セルモーターの調子が悪く数回始動不能になってしまったので交換して欲しいと預かった車です。(実はお盆前に預かっていました) ちなみにセルモーターはご自身で手配して交換のみの作業。

ラシーンの整備などはやったこと無いですが、ぱっと見のエンジンルームは結構余裕が有りそうな感じでしたので、待ってる間におわるんじゃん? 程度に考え、まずはエアクリーナーやインテークパイプ類を外し、作業の準備。

しかーし! この先が思わぬ落とし穴・・・。



Rasheen_seibi02.jpg

全然見えません。  なんちゅーレイアウトだよ。

Rasheen_seibi03.jpg

このラシーンは4WDのタイプですが、セルモーターが上からも、下からもほぼ全然見えません。(本体すらほぼ見えないので、ボルトは手探りで外すことになります。 まあその位は良かったのですが、問題はそこから・・・。 

 何とかボルト類は外しましたが、今度はそこからが抜けない・・・。  手も入らない・・・。 

まずは、どう見ても邪魔な位置にあるオイルエレメントから取り外し。(オイルを被らないように注意)
 
どうにもセルモーターまで手が届かないので、エキゾースト部分(フロントパイプ)の前側のナットを外し、横に少しずらしてその隙間からなんとか手を突っ込みます。   手を入れるにもドライブシャフトが邪魔になる。  「んもぉー!」

 今度は、セルモーターを抜き出そうにも、上はインマニと固いホース類が邪魔し、下側は上方向に出っ張ったトランスファー(4WDの為)によりセルモーターが抜き出せません。  ラシーンは今までまったく触ったことがないので分かりませんが、恐らく普通のFF車グレードだったらトランスファー(FFの場合だと、後輪に動力を伝える装置)が無いので、出っ張りもなくもう少し楽に作業できたのではないか?と思われます)

 どちらか一方を外して楽に脱着できないかと考え、インマニを取り外しにかかりましたが、これまたすんごい位置にボルト&ナットがたくさんあって、冷却水をジャブジャブ被りながらも少しズラしましたが、結果はほぼ変わらず。  完全に心が折れました。
 もうこのまま車を持ってかえってくれ!と心の中で叫んだのは言うまでもありません。 
 なんちゅー設計しやがってんだ! ふざけんな!と一人ブツブツイイながら半べそ状態・・・。

   どうにも頑張りましたが、車体下に潜っていると蚊の襲撃にあい格好の餌付け状態になってしまいます。 かゆさと暑さでイライラもMAX。 しかも抜けねぇし、手は入らなく狭いしで、いっこうに抜ける気配はなし・・・。
 そうこうしている内に雨も降り出し(泣)、お盆前後はご存じの通り雨続きで下に潜れず・・・。(屋根下では無い位置でウマをかけて作業に入ってしまっているため)

Rasheen_seibi04.jpg

そんなこんなでその間にも他の作業も平行してやっていたため、作業も延び延びになってしまいました。
心的に折れてしまった感じもありました。(笑)  正直もう触りたくないというか・・・・。w

とはいってもそういうわけにもゆきませんので、一旦心を入れ替えて再度トライ。

Rasheen_seibi05.jpg

まずはインマニ関係で外してしまった部分を一旦戻して、ボルトとナットを全て付けなおしました。(インマニを外さないでなんとか方法が有るはず・・・)

虫除けスプレーを全身に吹きかけ、エンジンルーム内/車体下にもまんべんなくスプレーした後に冷静になって再挑戦。

上から下からと色々体制を変えてやってみたら、1カ所だけギリギリ抜き出せるポイントを発見。  それでもスターター信号用のカプラーをブラケットから外して少しでもスリムにしてやらないと引っかかって抜けません。
   
思わず心の中で「ここだぁ~!!!」と叫んで抜き出し成功!  設計した人間をぶっ飛ばしてやりたい気分。(笑)  
 この手の車に精通している人ならコツもあるでしょうし、なんて事無い作業かもしれませんが、これは知らないとハマるパターンの車かもしれません。   正直もうやりたくないっす。  

抜き出したセルモーターとリビルト品。 

Rasheen_seibi06.jpg

画像は下からカメラをつっこんで写真撮っています。 奥まった位置なので、この位置に見えてもほぼ手が届きません。
画像はエレメントが取り付けて無い状態です。  手前の斜めの黒いステーも外さないと当然手は入りません。
 この手前にマフラーとフレームとドライブシャフトがあり、手の進入を阻んでいます。  もう嫌い・・・。

まるでテトリスの様にピッタリはまっていて、一筋縄では抜き出せません。
甘くみていました。  

Rasheen_seibi07.jpg

なんとか交換も完了し、一見落着。  この後、抜く必要のなかった冷却水を入れ戻してエアー抜きしたのは言うまでもありません。
チャンチャン。

関連記事
  1. 2017/08/22(火) 02:28:01|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:3
<<バネットトラック(ボンゴトラック)の腐り修理からのカスタム仕様への作業 その8 | ホーム | GTO 社外メーターを3連位置に埋め込み/エアロボンネット交換他作業 その3>>

コメント

おお
お疲れ様です
ついに交換できましたか\(^o^)/
  1. 2017/08/22(火) 08:13:43 |
  2. URL |
  3. へきる #-
  4. [ 編集 ]

伝わってきます;:

ブログ拝見すると悪戦苦闘がヒシヒシと伝わってきます。
お疲れ様でした。
  1. 2017/08/22(火) 17:41:02 |
  2. URL |
  3. GTOのパパ #-
  4. [ 編集 ]

へきるさん>ええ、予備知識がなかったのでとんでもなく大回りしての作業でした。 良い経験にはなりましたがもうやりたくはないです。 ラシーンはセルモーターが弱くよく壊れるみたいです。  もう少し脱着がしやすければ良いのにね・・・。

GTOのパパさん>最近悪戦苦闘する作業にばかり直面している気がします。  もうおなか一杯です。w   本業は整備業者ではないので、修理/整備はあまりやりたくは無いのが本音だったりします。  でも受けないわけにもゆかないので、結局受けてしまうんですよね・・・。 
  1. 2017/08/23(水) 01:01:36 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する