FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

GTO カスタム C ピラーガーニッシュの制作 その1

以前より車両ごとお預かりさせていただき、型取り/ひな形の原型制作/仮のオス型制作etcと作業させて頂いているGTOの制作進行を載せておきたいと思います。 
 
 ちょいと変わりタネで、こういう形状の部品は今までに見たことがないかと思います。

イメージの元となっているのは、フェラーリ812 スーパーファスト やスカイラインケンメリのような極太の一体感あるCピラーだとのこと。 GTOはダミー三角ガラスを組み込んだBピラーともCピラーとも微妙な位置に後方ピラーがありますが、その周辺をツルリと仕上げたものにしたいそうです。 
 
 オーナーさんは今まではボディーに近い色のカッティングシートを希望の形状に貼って(ラッピングして)いたようですが、どうにも一体感が満足出来ず、こうなったらワンオフで型まで作って中空の製品として仕上げたものを装着したいと男気を発揮したようです。w

まずはそのオマージュをしたといわれるフェラーリ812。  唯一無二のデザインをしていますね。 
※以下画像3枚はネット上より転載させていただいたものです。



フェラーリとして珍しくフロントエンジンなんですね。 カリフォルニアだったかも確かフロントでしたよね。 
最近のトレンドなのかな?

COSTOM_C_Pillar_seisaku002.jpg

こちらはケンメリ。 懐かしいデザインです。 今見ると逆に新鮮かも?

COSTOM_C_Pillar_seisaku003.jpg

このあたりを参考に、GTOで取り入れたらどうなるか?が元になり制作が進行しました。

GTOのB/Cピラー周辺、及びリアゲート部は凹凸がありなめらかではありません。 

① Cピラー周辺をツルっと一体化するにはどうしたらよいか?

② リアゲートの開閉もあるので、分割ラインをつくるがこのあたりの作り込みも慎重に・・・。
   
③ 部品は左右で4分割の中空品を制作。(製品は)

上記をふまえて制作に入ります。
細かい寸法やラインはオーナーさんと画像を確認してもらいながら(時折実際に来店して頂いて現車を見て頂いて打ち合わせをしながらの進行となります)

同じような作業の繰り返しで最終的に原型までもってゆくので、正直、画的には地味で変化に乏しいかもしれません。(笑)

でもこういった地味な作業があってこその最終的な希望の?製品になると思っていますので、進めてゆきたいと思います。

まずはオス型を制作するにあたり、ガラスのツルリとした面を取りたいと思います。
手っ取り早く実車のCピラー周辺を丸ごと簡易型を取ってしまいます。
型取りの準備中。 後方の三角ガラスなどがカッティングが貼られていますね。 一部すでに剥がし済みです。

FRPを張り込むために周辺を養生しておきます。

COSTOM_C_Pillar_seisaku04.jpg

簡易型ですので、理系剤となるワックスを十分に塗布して、念のため液体の離型剤も塗っておきます。
その後ゲルコートを塗ります。(2枚しか抜かない簡易型ですので、型用ではなく、製品用のゲルコートで代用します)

COSTOM_C_Pillar_seisaku05.jpg

ゲルコートの乾燥後FRPを4プライ(時間をおいて)張り込みます。 

COSTOM_C_Pillar_seisaku06.jpg

乾いたら、骨となる補強を作り、引き続き張り込みます。

COSTOM_C_Pillar_seisaku08.jpg

COSTOM_C_Pillar_seisaku09.jpg

できあがった簡易型(GTOの本体の型)より、ガラス面を抜き出すために、この型より製品を抜き出します。(加工分になるので2セット抜きます) 左が簡易型(バリを切り取り済み)、右が抜いた製品。

COSTOM_C_Pillar_seisaku11.jpg

GTOの生の形のFRPの成形面です。 これを2セット制作。

COSTOM_C_Pillar_seisaku12.jpg

車両本体側を清掃後、もう1回FRPを貼るために養生し、同じく密着面をFRPで張り込みます。(もちろんワックス塗布済み)
イメージのラインを引いて大きさの確認中。 黄色いテープは大体のリアゲートの開閉ライン。

COSTOM_C_Pillar_seisaku13.jpg

COSTOM_C_Pillar_seisaku14.jpg

うーん、画的にかなり地味です。 w

その2へ  つづく。


関連記事
  1. 2017/08/29(火) 00:24:14|
  2. 加工取り付け/ワンオフ製作ほか
  3. | コメント:0
<<GTO カスタム C ピラーガーニッシュの制作 その2 | ホーム | 引き上げにいってきました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する