FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

バネットトラック(ボンゴトラック)の腐り修理からのカスタム仕様への作業 その11

以前に別の車から外しておいたナビやらモニターやらスピーカーやらです。
折角なので、今回こちらのトラックにも装着してしまおうと思います。 また、元々キーレスも無いようですので、社外品のキーレスを取り付けたいと思います。 右側パッケージに入っているのがそのキーレスのキットです。

運転席のカギを回しても集中ロックはなさそうですし、念のため事前に運転席のドア内張を外して確認したらドアロックアクチュエーターはありませんでした。 なので、用意したのは、アクチュエーター付きのキーレスのキットになります。 ネットで購入しましたが、今はかなり安いですね。 ¥5000しなかったと思います。

さておっ始めたいと思います。



まずは、こちらは右がショボイ純正の10センチスピーカー(ダッシュボード両角上面に着いているもの)で、左が手持ちのアルパイン製小型スピーカー(元は恐らくつり下げ式のリアスピーカーか何かだと思います)です。 新規で社外の10センチタイプの新品を購入するのももったいないのと、純正は天井に向かって装着されていますが、このボックスタイプでしたら、乗車員の方に向けられるので、聞こえも良いでしょうからこちらを使用したいと思います。 
 当方は音質にはこだわりませんので、スピーカーラインを新規に引き直しだとかはしません。w   なので、単純に元々のラインに接続しているだけです。   んでもって、純正のスピーカーパネルの上にドカっとこのボックスを固定したのみで終了! 
 ハイ、次!

VANETTE_TRUCK_shiage177.jpg

オーディオ周りのパネルを取り外します。 
マツダ車全般にいえますが、オーディオの取り付けが外車のようにネジ固定ではなく、ツメの返しで引っかけて固定する方法をとっています。 ですので、一般的な社外オーディオ等を固定するには、マツダ車用の枠を用意しないといけません。 当方も中古のストックがあったのでソレを使用しました。 お金をかけずにイジるのがモットーですので。

VANETTE_TRUCK_shiage178.jpg

このように返しのツメで枠に引っかかっています。 一般的には両サイドにブラケットを固定して、そのブラケットが全面からビスによって固定されています。 そろそろマツダ車も右へならえしてくれよぉ~。 独自過ぎるだろ。

VANETTE_TRUCK_shiage179.jpg

純正の物入れになっていたスペースに社外の2DINナビを入れる予定ですが、当然入りません。
枠ごとザックリ切り取り、先に言った社外の固定枠(マツダ用)を取り付けて、ナビをインストールします。 

VANETTE_TRUCK_shiage180.jpg

ナビ関係の配線も行いながら、並行して社外キーレスの取り付けも行いました。
車速やリバース信号はメーターに来ている配線から分配。
 現在使用中のSE58系のバネット(ボンゴトラック)はH7年と古いから、ナビの車速信号を取るのは、ミッションのスピードメーターケーブルに割り込ませる機械式の車速パルス装置を付けて室内に引っ張ったりと面倒くさかったけど、この型(SK82系)は電気式だから楽で良いね!

VANETTE_TRUCK_shiage181.jpg

ドア内に後付けのアクチュエーターを取り付けますが、よさげな位置が見あたらない・・・。 なんだかへんてこりんな位置によくわからんただの鉄板が入っていたが、本来はその位置にアクチュエーターが来るのではなかろうか?などと思いながら、仕方なく他に付けられそうな場所をさがして、結局ここしかスペースとれなかったので、ブラケットを制作して固定。
 アクチュエーターの配線も室内に引き込みました。

VANETTE_TRUCK_shiage182.jpg

こちらは助手席側。 なんと! 矢印の裏側に純正と思わしきドアロックアクチュエーターがあるじゃないの?(運転席側はただの鉄板が取り付けられていた。 ナゼ?   折角すでに付いているのなら利用する手はないので、引き込んだ後付け配線のロック/アンロック信号を純正のアクチュエーターの信号に接続し、社外キーレスでコントロールするようにしました。 でもなんで助手席側だけアクチュエーターがついていたんだろう・・・? ハーネスもしっかり繋がっていたんだよなあぁ・・・。 不思議。

VANETTE_TRUCK_shiage183.jpg

ナビ関係の配線も接続し、10インチくらい?のオンダッシュモニターもあまっていたので、この際取り付け。
ナビからの出力映像等もみれるし、画面も大きくて見やすいしで満足満足。 (画像は仮接続にてテスト中)

元の1DINの純正ラジオがあったところには1DINの収納BOXを取り付け、ETCをビルトイン。
オーディオ下の収納スペースには地デジチューナーユニットを収納。(3人乗りの為、ここしか空きスペースが無かった)

VANETTE_TRUCK_shiage184.jpg

こんな感じになりました。 見える範囲の配線の処理はまだ施工途中です。
ダッシュボードにある後付けの緑のスイッチは、荷台の作業灯用と、ドア下を照らすフットランプのONN/OFF用のスイッチとして使用予定です。(これから配線予定)

VANETTE_TRUCK_shiage185.jpg
関連記事
  1. 2017/10/02(月) 11:43:49|
  2. 加工取り付け/ワンオフ製作ほか
  3. | コメント:3
<<FTO ブレーキオーバーホール | ホーム | GTOのお色直し作業 その7>>

コメント

いいですね。

お金をかけずにイジるのがモットーですので。

大好きです!
その考え方。
基本ですね。
自分の好きなようにカスタマイズできるの楽しそうですね。
私もやりタイィ〜
  1. 2017/10/02(月) 21:39:24 |
  2. URL |
  3. GTOのぱぱ #-
  4. [ 編集 ]

むかしむかしの昭和55年ごろのはなしですが、そのころは箱型のスピーカーがはやっていて、友人もリアのパーシェルシェルフにつけていました。穴をあけることに抵抗があったため、マジックテープでとりつけたところ、急ブレーキをふんだらヘッドレストを直撃! 死ぬほどびっくりしました。ちなみに車種は ニッサン の リベルタビラでした。

  1. 2017/10/03(火) 15:28:43 |
  2. URL |
  3. Jean-luc #SHLDkvn6
  4. [ 編集 ]

GTOのパパさん>当方は、見た目が残念な(ボロいも含む)車を以下に格好良く、乗って楽しく仕上げるかが好きなので、低グレードの車をカスタムとかいうと腕がうずいちゃいます。 でもお金をかけずに、手持ちの部品流用や、塗り分けで「~らしく」見せるのが好きなんです。 なので、見た目ほどお金はかかっていないんですよ~。 自分でやるから手間は実質タダだし・・・。w

jean-lucさん>昭和の車は後席シートのヘッドレストの向こうに、BOX型スピーカーを置いて、後ろから、ケンウッドとかカロッツェリアとかの文字を見せるのがはやりましたよね。 そのはやりの後期はさらにメーカーロゴが光るヤツ。
 2WEYとか3WEYスピーカーとかでしたね。 私も初代ソアラに乗っていたときはソレでした。 懐かしい・・・。  急ブレーキでブっとんできたらビビりますね。 いやそれより危険だ!w
  1. 2017/10/06(金) 19:10:32 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する