自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

GTOのエンジン載せ替え作業  その1(ドナーよりエンジン摘出手術)

えー、しばらくぶりのブログ更新です。
各種のプレッシャーにて負けてしまいましてしばらくブログより離れていました。
作業は並行して行っていましたが、ブログを更新する気力がわかず間が開いてしまいました。

先日もあれほど街に待っていたMADMAXイベントも、余裕がなく見送る形となってしまいました。 残念です・・・とほほ。

少々復帰しましたので更新再開したいと思います。

画像も結構溜まってしまっていますので順次掲載してゆきます。

今回は結構ヘビーな重作業です。
本当はもう少し後での作業スケジュールを予定していましたが、lここ最近の作業消化が進まないのを心配してか?応援で行くよ!と言って頂けたので、お願いしました。
 助っ人Uくんも整備士ですし、当方/Uくん共にGTOのエンジン載せ替え経験車ですので、2台の入れ替え作業をするのはさほど時間はかからないと思います。 

 合間で当方は他の作業も並行してすすめていっています。

まずは、どんな作業内容かといいますと、2月にエンジンブローにて入庫していた竜之介号GTOですが、載せ替えベースの中古エンジンが単体でずーと見つからず、あきらめかけていたところにYオクにて外装の痛みの多いNAのGTOが安く出品されていました。 今回はエンジンがメインで欲しいので、ドナーとして使用するなら外装の程度は正直どうでも良い感じでしたので、その車体を落札。 引き上げてきました。 これが5月だか6月だったかと思います。 
 それ以降も交換のタイミングも見計らっていましたが、どうにも体も作業スペースも開かず、今に至ります。

上記の説明通り、ドナー車よりエンジン他部品も移植し、ブローしてしまったエンジンと載せ替えます。
その際に併せて交換等しておくべき(しておきたい)消耗部品等も同時交換実施。

エンジン載せ替え後は、外装のお色直しに入る予定です。



エアコンもちゃんと効きますし、エンジン音も静かです。(Tベルトは未実施)

車内も結構綺麗な方だと思います。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou02.jpg

エンジンルーム内もキレイ。  ヘッドカバーの結晶塗装剥がれずキレイに残っているのは結構珍しいです。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou03.jpg

さて、作業開始です。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou04.jpg

早速二人で作業開始。
やしやし部品を外してゆきます。

立派なリフトなんぞ無いので、当方はエンジンは上抜きで実施します。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou05.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou06.jpg

各種部品を外してエンジンつり上げ中。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou07.jpg

わっしょーい! 早速抜けたで!

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou08.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou09.jpg

ATミッションも付いたままのつり上げは重くて大変。

エンジン&ミッションが無くなると、フロントの重量が一気に減るので車高がめっさ上がる。
元々純正足回りでしたが、オフロードの4WD車の様な車高になってしまいました。 うぁあ、高けぇ・・・。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou10.jpg

スッカラカンです。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou11.jpg

1人力エンジンを載せてみた! あまり速くはなかった・・・笑。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou12.jpg

エンジンとミッションを割っている最中です。 

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou13.jpg

載せる方の車は5MTなのでこのATミッションは使用しません。
代わりにリアクランクシールと、クラッチ部品一式を交換して、元のミッションと組み付けます。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou14.jpg

屋根下には載せ替え予定の竜之介号が久しぶりにピット入り。 こちらはこれからエンジン降ろしです。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou15.jpg

リアクランクシールの打ち換え中。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou16.jpg

タペットカバー内部もキレイですね。 H10年車というのを考慮しても、ヘッドカバーの結晶塗装も落ちていませんし、良品だと思います。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou17.jpg

サーモスタットの交換。 水路内もサビも無く綺麗です。
水回りのホース類もまとめて交換予定です。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou18.jpg

この後タイミングベルト関係やその他の部品交換を実施予定です。

まだまだつづく。
関連記事
  1. 2017/11/13(月) 22:20:34|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0
<<GTOのエンジン載せ替え作業  その2(復活車両よりブローエンジン摘出) | ホーム | H42Aミニカ 廃車予定からの復活劇 その4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する