FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

GTOのエンジン載せ替え作業  その2(復活車両よりブローエンジン摘出)

前回の続きです。
入れ替わりで復活させるGTOの側のブローしてしまったエンジンを取り外します。
作業工程自体はほぼ一緒なので割愛。

とりあえずサクサク外してゆきます。



GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou20.jpg

私は一旦、車検で袖ヶ浦に登らなくてはいけなくなってしまったので、その間Uくんに作業を進めてもらい、夕方より2人で作業再開。 一気に降ろしまで持ってゆきます。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou21.jpg

夕方からジャッカルさん他ゲリラメンバーさんも複数顔を出しにきたので、手を借りながら降ろし作業。
一部画像は取って頂いた画像を流用しております。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou22.jpg

どーしても撮りたい!というジャッカルさんの熱意に負け(うそ)、パシャリ。   似合ってますよ!w

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou23.jpg

オイラも負けじと?、安全装備を付けてドライビング。
颯爽とレーシングカーに乗り込みます。

よっこらせっと・・・。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou24.jpg

ブゥーン!

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou26.jpg

キキキキー! 
「うおぅおおぉぉぉお!」

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou27.jpg

そんなことやっていると作業が進まないのでさっさと再開。

つり上げている間に、車体を引っこ抜きエンジンを降ろします。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou28.jpg

ブローしたエンジンの状態を見たかったので、ベルトカバーを外して中を確認してみたいと思います。

すでにカバーの一部が熱害の影響?で歪んでいたり、溶けていたりとおかしなことになっています。
開けるのが怖い・・・。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou29.jpg

開けました。 結構エラいことになっています・・・。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou30.jpg

こちらはタイミングベルトのテンションプーリー周辺。
プーリーの中身(ベアリング)が粉砕して無くなっています。 ベルトの背の部分も熱でズタボロに。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou31.jpg

アイドラプーリーも同じく・・・。 なんでこんな事になったんだろ???

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou32.jpg

クランクプーリー部にはカス溜まりができていました。
どのみちこれベースでエンジンOHだったとすると高額修理になってしまった感もあるので、今回のエンジン載せ替えは無難な判断だったのかもしれない。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou33.jpg

ドナー車の方はNA車でもAT車両なので、マニュアルミッションは使い回しします。
クラッチ関係などは一式新品に交換します。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou34.jpg

過去にもクラッチ交換で降ろして洗浄したけど、やっぱり汚れちゃうね。
デフミットシール等は前回交換済みなので、今回は続投です。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou35.jpg

洗浄して、そこそこ綺麗に。w

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou36.jpg

トランスファーも油まみれだったのでこちらもそこそこ綺麗に。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou37.jpg

新品クラッチを組み込みます。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou38.jpg

で、ドナーエンジンとドッキング。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou39.jpg

ここで追加事項発生!
ついでにヘッドカバーとサージタンクも塗ってくれ!ヨロシコ!と。

全然ついでじゃねーんすけどっ!

しゃーない!と渋々取り外し。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou40.jpg

剥離剤にて剥離後、アルカリ溶剤にて脱脂洗浄。
アルミの地肌が出てきました。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou41.jpg

塗装しないとタペットカバーが組めないので一旦中断。

なので、ステアリングギヤボックス(パワステ)の載せ替え作業をすすめてゆきます。

つづく。




関連記事
  1. 2017/11/15(水) 09:51:09|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:3
<<GTOのエンジン載せ替え作業  その3(部品交換整備からのエンジン積み込み) | ホーム | GTOのエンジン載せ替え作業  その1(ドナーよりエンジン摘出手術)>>

コメント

さすがKAZEさん エンジンルームでハンドル握る社長のリアクションが一番笑えました(笑) 次は きんちゃんにやらせましょう(爆)
  1. 2017/11/16(木) 01:55:29 |
  2. URL |
  3. ジャッカル #-
  4. [ 編集 ]

なんて楽しいことを呼んでほしかった(笑)
仕事とめて館山まで、いきましたよぉぉ_(^^;)ゞ

1人力やりたかったぁぁぁぁ(笑)
KAZEさんが、一番ノリノリですね( ̄▽ ̄;)

1犬力は、さすがに無理ですよねぇ
ちび太が、運転手

失礼致しましたぁm(__)m
  1. 2017/11/16(木) 07:54:43 |
  2. URL |
  3. へきる #-
  4. [ 編集 ]

へきるさん>和気あいあいと作業していました。  ふざけているように画像撮っていますが、さすがに重作業ですので、作業中は意外にも真剣ですよ。

ジャッカルさん>はじめはイヤイヤだったのが、意外にもまんざらじゃなかったじゃないですか?!笑
  1. 2017/11/18(土) 01:01:57 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する