FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

グースカウル改良版制作再開



以前から制作しているMADMAXのグースタイプカウル。 ずいぶん前のブログ記事でアッパーカウルのスクリーン形状に不満が残り改良を開始したまでは良かったのですが、本業が忙しくなってしまい手を付けられませんでした。
 気が付けばすでに寒い時期に突入。 一番イイツーリング時期を逃してしまいましたが、めげずに再開です。
 前回はアッパーカウルのオス型を制作していて、ハチマキ部分の形状変更をなんたらかんたら~で終わっていましたが、数ヶ月ほったらかしのオス型をみてかわいそうになってきましたので、少しシェイプアップして形を整えました。

 今回は型抜き前提なので、型抜きしても密着(癒着)しないサフェーサーを吹き、作業の下準備に入ります。
まだこのサフェ-サーで面の確認をして、細かい形状変更や修正を加えますので、もうちょっと我慢我慢でオス型の成形に励みます。 通常使っているサフェーサーと少し性質が違います。

上からの形状。

この後、成形が完了したら、カットしろを作り、型制作に入ります。


goose01.jpg

こちらは併せて並行作業しているメルセデスCLSの新作リップスポイラー。 

CLS11.jpg

こちらも型取り準備なので同じく同様のサフェーサーにて下処理中です。

 話は変わって、先日作業していたクラッチ交換での出来事。

acty01.jpg


車はHH5型アクティバン。 新規格の軽のハコバンです。
知人の車ですが、ある日突然ギヤチェンジ時にバキッ!?(ゴキ?)といって走行不能に。
レッカーされ当方に運び込まれましたが、すでにどこにもギヤは入らず。 クラッチペダルの踏んだ感触には問題なさそう・・・。
 ミッション内部か???

早速ミッションを降ろし、ケースを割ってみました。 ミッションオイルにも金属片などは見あたらず、見た感じはミッションギヤやクラッチASSSYなども特に異変はなさそうに見えましたが、オ-ナー本人はついでだからクラッチ関係も新品に交換してとの事。 

「ミッションはどうしようか?」

「そのまま戻して再発しても怖いから、中古のミッションを見つけて交換しちゃって」

とのこと。 おなじみのヤフーで5速ミッションを探すも、ほとんどが¥40000~のお値段。
結構するなぁ・・・。
探すこと3日目。 
ついに¥10000ちょっとでHH5用ミッションを発見。 よしきた!
「安いの出たけどどうする?」
「いっちゃって!」
「ラジャー!」
と言うことで、即決にて落札。
併せて、社外新品のクラッチを車検証データにて取り寄せ。
早速取りかかり、組み付け。
エンジン始動! クラッチを踏んでギヤ・・「ギュイィィィィィィィィィン」・・・・・アレ?
異音が・・・・。
 聞いたこと無い異音がクラッチを踏むたびに・・・。
レリーズベアリングももちろん新品だし、クラッチ関係の部品等々も組み付けは間違いないはずだけど・・・。
 で、またまたミッションを降ろして確認。
組み付けや調整を試みるも原因分からず。
何故?

脱着すること4回目。(爆)
ついに原因が分かりました。
使用した中古のミッションのセンターシャフト(メンドラ)が一回り細い・・・。(うそぉ!!!?)
まさかのまさか?でした。 もっとはやく比較して注意していれば分かったかもしれませんが、あいにく最初の不良(?)ミッションは降ろした直後に定期的にスクラップ回収で回ってくるおっちゃんが、コレもいいか???と持って行ってしまったので、比較対象がなくなってしまいました。(言い訳)

acty02.jpg

 
 該当車両がH14年車で中期型?(になるのかな?)で、買った中古ミッションが初期型(購入時の説明文になかったので、あくまで妄想)で、途中から対策品(強化品)になり、メンドラが太くなっているのだろう!?とまたまた勝手な妄想で、知り合いのホンダディーラーで、初期型の型番で純正クラッチディスクを注文。
 翌日届いて驚愕の結果が・・・。 同じサイズ(ボガーン!)撃沈。  なんですと~!?ちがうだと~?

 ディーラーでもその理由が分からず、色々調べた結果分かったのが、

HH5のアクティバンでもSTD(スタンダードグレード)とPROと呼ばれる官公庁や郵政省や一部の民間業者などに卸されている特殊グレードがあるそうで、一般的(スタンダード)グレードがメンドラ径が太いことが発覚。 何故に余計に距離を走るPROの方が強度が弱そうな細い方を使ってるの???   
 フリクションロスの低減か?燃費が良くなる魔法でもかかっているのか?わかりませんが、とにかくHH5の同じ形式でかつ、同年式で2種類のクラッチサイズ(ミッションサイズ)が存在するのが分かりました。(知っている人はすでにしっていたかも?) 後から分かったことですが、この細い方のミッションは、後期のバモスの5MTにも使用されているらしいです。(ディーラー談)

 訳を言って、取り寄せたクラッチディスクを赤伝を切って返品してもらい(すんまそ)、改めてPRO用のクラチディスクを取り寄せました。
 で、今回はバッチリです。 格安で手に入れたPROのミッションも大丈夫そうでなによりでした。(よかったよかった)
 いやあ、まさかの場面でハマってしまいました。  先入観と妄想(?)は駄目ですね。
 (素性の分からない中古品は気を付けよう!という教訓にもなりました。)
 おかげさまでアクティ系のミッション脱着が楽勝!になってしまいました。(あんまりうれしくねぇ!)
関連記事
  1. 2012/11/28(水) 00:30:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昨日は息子の誕生日でした。 お気に入りの「グフ」ケーキで! | ホーム | 約2ヶ月ぶり(?)のバイク乗り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazeblog6066.blog.fc2.com/tb.php/74-bcce5176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)