自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

GTO エアロ修理/ワンオフダックテールスポイラー制作他 その1

リアバンパーを引っかけてしまったということでの修理です。

右側面、右後方を大きく破損してしまっています。 
幸いなことはリアフェンダーなどの主立ったボディー側への被害が無かった事です。
ボルトナットでの取り付け部分だったところは、かなり粉砕されてしまっています。



こちらは右後方。 結構な範囲で破断しています。 
破断していると見た目はかなり衝撃的ですが、どちらかというと内部粉砕よりは、力が逃げて破断してしまった方が、見た目に比べて比較手修理は楽な方です。 広範囲での内部粉砕の方が大変です。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku02.jpg

まずは破断してしまった部位から補修。 ささくれ立った部位は切断してしまい、復元面を合わせて裏張りして接合完了。
形は大体良いと思います。 破断後長期間ずれたままの状態でしたので、若干ユガミのまま固定されてズレが出ていました。
矯正して接着となります。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku03.jpg

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku04.jpg

こちらの方が深刻でした。
取り付け部が引っ張られたようにちぎれてしまっており、また広範囲に渡り内部が粉砕しています。
 後付けのリアサイドマーカー上部付近は変形したままクセが付いてしまっていました。  

車体側に取り付けるステーを挟み込む必要もあるので、やみくもにFRPを盛りつけて裏張りできません。(均一な厚さでの復元修理が必要になります。)

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku05.jpg

取り付けのステーはこんなにも変形していました。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku06.jpg

なんとか形を復元してパテにて成型中。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku07.jpg

こちらも面だし。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku08.jpg

サフェーサーにて肌の確認。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku09.jpg

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku10.jpg

塗装完了。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku11.jpg

ダックテールスポイラー製作につづく。
関連記事
  1. 2017/11/24(金) 21:14:29|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:0
<<GTO エアロ修理/ワンオフダックテールスポイラー制作他 その2 | ホーム | H42Aミニカ 廃車予定からの復活劇 その6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する