FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

GTO エアロ修理/ワンオフダックテールスポイラー制作他 その2

続きましてトランク後端に付く、ダックテール風のチビスポの製作です。
GTO用としましては国内ではこのようなモノもなく、オーナーさんが今回持ち込んで来たのはランエボ用? のトランクスポイラーです。 ウェットカーボン製で、できればこのカーボン地を少し残して仕上げて欲しいとのことです。

当然車が違うので、そのまま付くわけもなく、取り付け密着部の形状も全然違うため隙間だらけで付く可能性はゼロです。



まずは車体側の密着面の製作。
ワックス&離型剤(PVA)を塗布した後にマスキングをして密着面にFRPを張り込みます。(密着型の製作)

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku13.jpg

GTOのトランクのアールに添うようにカーボンスポイラーを切断&摺り合わせしてゆきます。
上面はなんとかほぼ綺麗にすりあわせできましたが、下面が全然寸足らず。 4センチくらい開いてしまいます。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku14.jpg

とりあえず上面の接合。 この次点でなんとなく完成型が見て取れます。
左右も長かったので切断して詰めています。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku15.jpg

テールランプ側の下側が隙間が空いています。 この隙間をどうやって埋めるか・・・?
発泡ウレタンなどを使うと簡単には充填できますが、中で膨張したウレタンによって現品が変形するので、あくまでも中空成形で加工します。 発泡ウレタンは飽和後も徐々にガスがでるので、膨張もしますので、完全密閉すると後で割れてきます。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku16.jpg

中空成形後の画像。 中は空洞です。 表面をパテで成型中。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku17.jpg

加工した部位をサフェーサーで仕上げて面の確認中。 後方はできるだけカーボン地を触らずに残してあります。
密着もよさそうです。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku18.jpg

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku19.jpg

で、ボディー色に塗装。 カーボン部分は一緒に仕上げクリアーを。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku20.jpg

リアゲート部分の過去の穴埋めカ所も痩せてきて痕が出てきてしまったので、合わせて補修作業。 
付いていたリアウイング達も一旦撤去します。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku21.jpg

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku22.jpg

で塗装。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku23.jpg

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku26.jpg

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku27.jpg

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku28.jpg

リアバンパーリア周りの補修/仕様変更完了です。
唯一無二の自分だけのワンオフ品。 究極の自己満足ですね。 
しっかしこのGTOはいつ見てもピッカピカを保っています。
オーナーさんの愛情が伝わってきます。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku24.jpg
関連記事
  1. 2017/11/25(土) 19:24:39|
  2. 加工取り付け/ワンオフ製作ほか
  3. | コメント:0
<<H42Aミニカ 廃車予定からの復活劇 その7 | ホーム | GTO エアロ修理/ワンオフダックテールスポイラー制作他 その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する