自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

RB1 オデッセイ パワーステアリング異音/オイル漏れ他 修理

もはや結構定番の故障となっているBR1オデッセイのパワステ関係の修理です。(ステップワゴンでも同様の症例が多いんだったかな?確か)

以前にも作業したことありますので、その結果から申し上げますと、ポンプだけの交換やパワステフルードのみの入れ替えではほぼほぼ復旧しないという結論でした。

そのあたりをふまえて、一式の交換でゆきます。



状況としましては、パワステ異音(ウィーン音)、オイルが減る、ベルト周辺に飛び散った痕がある、下回りもオイルでベタベタ など。  以前に作業したときは高圧ホースのカシメ部分からオイルが漏れていて、ベルト他周辺に付着し、ベルトがオイルでふやけて外れ、重ステになったというものでした。 

今回は高圧ホースからの漏れではなく。ポンプ本体からの滲み(漏れ)でしたが、いずれホースからも漏れるだろう・・・ということで
同時交換でゆきました。(ただしホースが高い・・・¥19400也、Oリングが95円)

RB1_POWER_ST02.jpg

下回りも漏れたオイルでベタベタです。
この手のオイル(正確にはフルード)は攻撃性が高く、ベルトに付着するとベルトを溶かし、ふやけてプーリーに溝に溶けたベルトが詰まって、ふやけたことと相まって、ベルトが外れてしまいます。 もちろんふやけて伸びているので再使用は不可。 結構短期間で溶かしてしまうので、漏れたら早めの修理が必要と思います。 (もちろんベルトも交換で) 1本ベルトのため、このベルトが駄目になると、ウォーターポンプも回しているため、オーバーヒートになってしまいます。 注意。

 各プーリーの溝に溶けたベルトが詰まってしまっていたので、溝の清掃/洗浄を施しました。 これ重要と思います。

RB1_POWER_ST03.jpg

今回交換するのは次のとおり。

ドライブ(通称:ファンベルト)ベルト、高圧ホース、パワステフルード(ホンダ純正:PSFⅡ)、サブタンクに繋がるホース2本、パワステポンプ、Oリング他です。 パワステーフルードはホンダは特性が有るようですので、純正品を使用しています。

RB1_POWER_ST04.jpg

サブタンクに繋がる2本のホース。 これも熱硬化でカッチカチになってしまい、ホースの差し込み口(バンドの締まっているところ)からエアーを吸ってしまうようで、そのせいでフルード内が泡立ってしまう原因にもなっているようです。 ついでなので交換。 1本800円程度のものです。 ついでに交換した方が得策です。 外したホースもカッチカチでした。

RB1_POWER_ST05.jpg

パワステポンプは今回はリビルト品を使用。(純正新品は58000円くらいします。高けぇ・・・リビルト品だと1万円ちょっと位。)
プーリーは再使用です。  今回はポンプ本体からの滲み(漏れ)のようでしたが、そのフルードの影響か?ベアリングのシールがやられて、中のグリースがでてきてしまっていました。

RB1_POWER_ST06.jpg

こりゃあイカンね。

RB1_POWER_ST07.jpg

外した高圧ホース。カシメの部分から漏れるケースが多いです。 今回は漏れていませんでしたが、保全として交換を勧めました。  センサーとブラケットは元のものを引っ越します。 

RB1_POWER_ST08.jpg

このホースの車体下側(ギヤボックス部)との接続部の19ミリの接続ナットを外すのに難儀します。(狭いのと、フレアタイプのレンチを使わないといけないため。 オープンスパナやモンキーではちょっと狭くて、舐めてしまうかもしれません)
 
 当方は19ミリのフレアーソケットに、横首振りのラチェットハンドルを使用して外しています。
これがあると非常に楽ですし、緩み/締めも確実です。

RB1_POWER_ST09.jpg

折り返しでくみ上げたらパワステフルードを入れてエンジン始動→ステアリングを左右に振ってフルードを循環。
サブタンクに戻ってきたフルードを吸い出して、新規にフルード注入。 上記を4回繰り返して、綺麗になったところで完了。

異音も無くなり、漏れも止まりました。
  
関連記事
  1. 2017/12/08(金) 12:22:15|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0
<<GTOのエンジン載せ替え作業  その4 ブレーキ塗装他作業 | ホーム | GTOのお色直し作業 その11>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する