FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

コペン ATF&ストレーナー交換作業。 出てきた金属部品は何コレ?!

久しぶりの更新です。
2度ほど軽い熱中症にヤラれまして、少々ノビてました・・・。
丁度作業スケジュールもキツキツになってしまい、この暑さと相まってブログ更新する気力もありませんでした。
ちょっと回復しましたので、再開したいと思います。

事故修理で入庫しているコペンさん。
修復記事は別途記載しますが、今回はATF交換の件。



作業をするにあたり、敷地内を移動していた際に、どうにも気になるATのリバースギヤを入れた時に少し遅れてドンッ!と衝撃と共につながる感じ。 オーナーさんに伝えたところ、中古車購入時(90000km時だそう)から出ていたそうで、ディーラーさんにATFの交換を依頼したら、この距離でATF交換はリスクあるから出来ないと断られたそう。 やるなら新品ATミッション交換で30~40万円と言われたとか言われないとか・・・。 あきらめて乗っていたそうですが、直る保証はないけど、現状やらないよりはマシだと思うよと伝えたところ、是非やってくださいとの事でしたので、リスクもあることを了解いただきATFとストレーナーの交換作業を行いました。  ちなみに現在の走行距離118000km。  まあ、確かに普通はやりたがらないかもしれませんね。

ただ、私的にはオイルは劣化/汚れるものですし、やらないよりは当然やった方が良いという考えですので、最小限のリスクでやりたいと思います。

①  ATFの交換だけでなく、ストレーナも交換&ATオイルパンも綺麗に洗浄し、底に溜まった汚れを拡販させないようにする

②  ATFの注入も圧送式ではなく、レベルゲージ口から、オイル差しで量を量りながら注入。  もちろん試走後ATFの油温が上がった状態で液面の確認。

③  ②と抜きを数回繰り返し、ある程度綺麗になったら納車後5000km~10000km程走ったら、再度ATFの交換を実施。

と、希釈交換の方法でやりましょう!となりました。

まずはATFを抜いてから、オイルパンの取り外し。

あれれ?3~4本ほど工具が入らないスペースにボルトが見えますけど・・・。
(エンジン/ミッションマウントがつぶれて、狭くなっているんでしょうかね?)
本当かどうか分かりませんが、ネットで見た記事では、ディーラーなどではオイルパンの脱着作業はエンジン/ミッションを降ろして行う・・・と書いてあった気が・・・。マジですか?   いやいや、あとちょっとですやん。

L880K_copen_jikoshuuri02.jpg

工具が入らなくては進まないので、オーナーさん了解の上、サブフレームをちょいと削って工具が入るスペースを確保。
ベルトサンダーで削って行きましたが、結構地味に大変。 

L880K_copen_jikoshuuri03.jpg

オイルパンはずれました。  
ストレーナーとその上にバルブボディーが見えます。 

L880K_copen_jikoshuuri04.jpg

L880K_copen_jikoshuuri05.jpg

ストレーナーを外すとバルブボディーとソレノイド類が見えますね。

L880K_copen_jikoshuuri06.jpg

見た目はどちらも同じに見えますが、外したストレーナーは汚れがなかり付着していました。
抜いたATFも焦げ茶というかほぼ黒に近い感じです。  新車から1回も変えていないのでしょうかね?

L880K_copen_jikoshuuri07.jpg

オイルパンのオイルを開けているときに、底にあった金属片。
アナタはダレですか???   どこから来たの・・・?www

L880K_copen_jikoshuuri08.jpg

直接は見たこと無かったけど、同じような症状の車で三菱の軽自動車でこういった金属片が出てくるといったのを聞いたことはありました。 
 当方はメカ専門ではないので、ここは困った時のナガツマン!で早速画像を送って、問い合わせしてみました。
「たすけてナガツマーン!」

すぐに回答いただけまして、バルブボディーのコントロールバルブのフタに似てるなぁ・・・。と。
三菱の件を伝えたら、そうだね、同じような状況かもしれない・・・と。
ダイハツでは聞いたことがないそうな。

まあ、ダイハツといえど、ATミッションは、ほとんどのメーカーがジャトコやアイシン製だと思うので、車が違っても似たような造り/形状はしているでしょうから、可能性は高いですよね。  

ってんで、コペンやダイハツのキーワードでなかなか出てこなかったので、三菱の4速ATで調べたらネットで出てきましたよ。
たくさん。   画像はネットより拝借しています。

L880K_copen_jikoshuuri09.jpg

L880K_copen_jikoshuuri10.jpg

L880K_copen_jikoshuuri11.jpg

なるほど・・・。まさにコレくさいなぁ・・・。

なので、オイルパンを戻す前に、手鏡を使ってコントロールバルブ周辺を確認してみました。

あった!  コイツだ!

L880K_copen_jikoshuuri12.jpg

L880K_copen_jikoshuuri13.jpg

ビンゴです!  スバラしい、ナガツマン!!ステキー!

どうやらこの部品だけの供給はなさそうで、バルブボディーASSYになってしまうようなので、オーナーさんと相談したところ、ショックはあったけど、購入して30000km近く今まで走ってきてるから、このまま戻してもらってOKですとの回答でしたので、バルブボディーも軽く清掃して、オイルパンを戻しました。

新たにATFを入れ、試走/抜き、ATF注入を3回繰り返して、オーナーさんに試乗していただきました。

残念ながらバック時のショックは改善されませんでしたが、前進での走行は非常にスムーズになったとの感想でした。
ひとまず、これで様子を見ましょう!

使用ATFは、ワコーズのセーフティーSを使用しました。
関連記事
  1. 2018/08/06(月) 11:09:37|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:3
<<KS3サンバートラック 板金/全塗装 セルモーターの修理。 | ホーム | 先日、お客さんでもある飲み屋さんのイベントに行ってきました。>>

コメント

おれも屋根が無い車ほしいのぉ、嫁か若いねぇちゃん乗せてブイブイは知りたいよ、房総半島。
ちなみに11日に南房総市宿泊するだっぺ、嫁とハーレー2台や
  1. 2018/08/07(火) 20:23:41 |
  2. URL |
  3. ひ き ぐ #-
  4. [ 編集 ]

ひろきにぐたん>おひさしぶりぶり!  11日、寄る時間あったら顔出してちょうだいよ! 奥様とハーレーツーリングとはラブラブじゃないのよ! やるねー!(^^) 
  1. 2018/08/08(水) 10:23:23 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様です。 オープンカーチームのボス的存在のお方ですね ゲリラオフでも大変お世話になっております。 

オイルパンの中にフィルターがあるのには驚きました  外すのにスペースがないとは聞いてましたが  

写真拝見しました これほど大変だったとは。  オイルパンの中に隠れていた部品の落下元も判明しオーナー様も一安心ですね 

コペン復活が楽しみです。 何より娘さんが一番コペン復活を喜ぶかなぁ 

残暑がまだまだ続きます 水分をとって無理せず たまには息抜きもしてくださいね     
  1. 2018/08/10(金) 05:40:01 |
  2. URL |
  3. ジャッカル #V/QOQXGg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する