FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

MADMAX インターセプター 制作作業 その8

しばらくぶりの再開となります。
インターセプター製作作業。

原型がほぼ完成した状態にて間が開いてしまいましたが、地味に作業再開しておりました。

ほぼほぼマスター(オス型)は完成でよかったのですが、どうにも気になる点がありまして、放っておけず再度修正が入りました。

今回のバンパーでは、上下に分割で作業を進めていますが、最終的には上下がつながって車体に取り付けられます。
その際に、上下のバンパーの隙間ができてしまうとこれまた格好悪い・・・。

車体がブラックになるので、さほど目立ちはしないかと思いますが、そこはソコ。
型まで製作して抜き出すなら、やはりこだわりたい。
なので密着部分をまたまたぶった切りました。笑



バンパー下側を外し、計測用に上に角材を置いた状態です。  
黙視で見やすくするために比較でおいてみました。
元々この水平部分は、上下を切断した際に、そのままの水平ラインで延長製作したものだったのですが、元がゆがんでいたために、その歪んだまま奥行きが出来てしまい、イマイチな状態に。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_BUMPER089.jpg

ごらんのとおり。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_BUMPER090.jpg

左右共に外に行くに従って開きが大きくなっています。 
ということは、適正な水平レベルが出ていないということ。
真ん中も少し隙間ができていますね。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_BUMPER091.jpg

なので、部分作り直しです。  継ぎ足しで製作するとかならず歪むので、今回は1枚物から切り出すために、コンパネと新品のトタン板を用意しました。  コンパネの上にトタン板を置いて、極力水平に努めます。(コンパネの木の歪み誤差は許容範囲内ということで)

固形ワックス数回&液体ワックス(PVA)を塗布した後に、ゲルコートを塗り、450番のガラスマット2プライで継ぎ目無く1枚物のFRP板を製作します。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_BUMPER092.jpg

コイツを剥がして切り出します。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_BUMPER093.jpg

バンパー上下との密着部位を切り抜いたところ。
ここを、1枚物で歪みの極力無い状態で切り出して差し替えます。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_BUMPER094.jpg

平置きした状態でも歪みの差が分かりますね。 上のものは地面から左右が浮いています。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_BUMPER095.jpg

すげ変え中。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_BUMPER096.jpg

裏打ちする際も、コンパネの上で水平を出した状態で裏打ち積層&乾燥させます。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_BUMPER097.jpg

交換後。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_BUMPER098.jpg

面出し中。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_BUMPER099.jpg

この後、再度サフェーサーを塗って、バンパー同士の確認を行い、型抜きに入ります。
続く。
関連記事
  1. 2018/08/28(火) 01:23:16|
  2. MADMAX インターセプター 関係作業
  3. | コメント:1
<<MADMAX インターセプター 制作作業 その9 | ホーム | GTOエアロワンオフ加工/装着からの塗装。 で完成!>>

コメント

FRP屋の本業でありんすね
  1. 2018/08/31(金) 22:51:19 |
  2. URL |
  3. ひ き ぐ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する