FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

F6エンジン バルブステムシール交換他。

ちょいと更新の間が開いてしまいました。

以前に仕上げた在庫車でしたが、この度ご成約頂きまして、引き渡し前の整備作業です。

年式は古いのですが、ATでエアコン付き4WDという非常に珍しい組み合わせの軽トラック。
元々キズへこみ/サビもほとんど無く、オールペイントを施して在庫として持っていましたが、唯一の難点がありました。
今はスズキの軽自動車もタイミングベルトの方式は無くなりましたが、これはタイミングベルトを使用していた方式のエンジン(F6Aエンジン)のお約束の症状。 そう、オイル下がりです。
 原因は劣化したバルブステムシールからオイルが下がってきてしまい、燃焼室内に落下。 混合気と共に燃えてしまうのでマフラーからは白煙モクモクのカチカチ山状態になります。
 今はF6Aエンジン搭載の現役の車両もかなり減ってきていて、今回のようにステムシール交換して続投の車もあまり無いかもしれません。 その症状まで出ると、だいたいが車ごとの買い換えを検討してしまうかと思います。

以下画像がステムシール。  この4バルブのF6AエンジンはIN/EX共に同一品番でした。
(F6Aには2バルブエンジンもあります)



DH52T_HEAD_OH02.jpg

部品としては些細なものですが、交換するとなるとちょっとやっかい。 これがフロント横置きのF6A(ワゴンR系やアルト系など)であれば車載状態でも出来なくもないですが、フロント縦置き&非常に寝かした搭載方法のエブリィやキャリィなどの車両は狭いため一筋縄ではゆきません。 道具も特殊なものになってしまいます。
  当初は車載で考えていましたが、インテーク側のコッターを外したところで、エギゾースト側はこのままでは外せない事に気づき、急遽そのままヘッドを外す算段に変更しました。
 まあ、外した方が確実で無理なく行えるので、少々手間は増えますが確実な線にしました。

ということで、ヘッドガスケット等も増えましたが、ヘッド下ろしの方向で行きます。
タイミングベルトは数年前に交換されていましたが、この際なのでウォーターポンプ等も含めて全部一式交換してしまいます。

DH52T_HEAD_OH03.jpg

このなんちゃってツールを用意していましたが、結局使用せず、確実なSST(スペシャルサービスツール:特殊工具)を後輩から借りて作業しました。

DH52T_HEAD_OH04.jpg

クランクプーリー/タイミングベルト、カムプーリーは元より、タペットカバー等もジャンジャン外して行きます。

DH52T_HEAD_OH05.jpg

カムシャフト/ロッカーアーム等まで外したところ。
ここで1カ所コッターまで外しましたが、EX側が工具が入るスペースが無いので断念。
車載ではなく、ヘッド下ろしとなりました。

DH52T_HEAD_OH06.jpg

DH52T_HEAD_OH07.jpg

ヘッドはずれました。 燃焼室内もオイルが燃えていた関係もあって汚れていますね。

DH52T_HEAD_OH08.jpg

DH52T_HEAD_OH09.jpg

折角ヘッドを降ろしたので、バルブも取り外して汚れと曲がりのチェックをしました。

DH52T_HEAD_OH10.jpg

ヘッドも密着面もそ掃除しておきます。

DH52T_HEAD_OH012.jpg

DH52T_HEAD_OH013.jpg

やってしまったミス。
今回のF6Aは、カムとクランクのオイルシールが非常にサイズが似ていて、最初間違って組み付けてしまいました。
外形/厚みは同じ。  内径が2ミリ違っていて、それでもどっちかがどっちかに付いてしまうという状況。
  思わずクランクのオイルシールをカムに取り付けてしまったりとポカミスをしてしまいました。
 なので、その後、改めて新品のシールを用意して、シールを入れ替えました。(なんてこったい・・・)

DH52T_HEAD_OH015.jpg

ウォーターポンプなどもこの際交換。
逆の手順でヘッドから順に組み直して、エンジン始動!
おー!白煙も出なくなった。 メデタシメデタシ・・・。

DH52T_HEAD_OH016.jpg

本日、子ニャンコのキジトラ2匹を里親さんに引き渡しの予定です。
めちゃんこ可愛くて、人なつっこくてオイラもメチャメチャかわいがっていました。(キジトラの写真ばかりあげていたような気がする・・・笑)
  まあこのまま全部面倒を見るとなると、家が猫屋敷になってしまうのと、引き渡すならある程度小さい方が順応が速いだろうという考えです。 もう離乳食をメインで食べていますので、トイレも覚えたし、兄弟2匹一緒に引き取られるしで、なんとか大丈夫だろうと思っています。 すくすく元気に育ってくれるように祈るばかりです。
 寂しくなってしまうけど、生まれてきての出会いがあれば、別れもあります。 これからは新たな里親さんの元で新たな出会いがあります。 かわいがってくれると思うので、今後の経過報告も楽しみにしたいな、と。

兄弟4匹で寝るのも本日が最後になってしまったね。

DH52T_HEAD_OH020.jpg

情が移ってしまうので、あえて名前を付けて呼びませんでした。
分かれがつらくなるから・・・。
  良い顔してるべー!?  

DH52T_HEAD_OH017.jpg

キジトラ兄弟はいち早く人慣れしたなぁ・・・。  

DH52T_HEAD_OH018.jpg

ママ猫とも最後の夜なので、甘えておいてくれ。
強く生きるんだよ。

DH52T_HEAD_OH019.jpg
関連記事
  1. 2018/09/15(土) 01:16:33|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:2
<<MADMAX インターセプター 制作作業 その11 | ホーム | S15シルビア エアロ取り付け&全塗装作業 その1>>

コメント

一匹だけシロ君なのかなぁ?
  1. 2018/09/16(日) 06:58:52 |
  2. URL |
  3. ひ き ぐ #-
  4. [ 編集 ]

ひろきんぐたん>先日はありがとうございました。 お礼のラインも入れていなくてすみません。
  にゃんこは、白(部分的に薄いグレー入り)と、黒、キジトラが2匹の合計4匹生まれました。 キジトラはGTOのオーナーさんが里親になってくれまして、2匹もらわれてゆきました。 元気に育ってくれることを切に願います。 にゃんこ可愛いっすね。  疲れが吹っ飛びます。(^^)
  1. 2018/09/16(日) 12:03:10 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する