FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

S100P HIJET オールペイント  前編

まだ、未掲載の軽トラック仕上げシリーズがあったので、掲載しておきます。
まだあるんかいー!?笑。

この画像だと、パっと見はそれほど痛んでいるようには見えませんけどね。 

所詮は軽トラックなので、さほど丁寧な扱いはされていないでしょうし、乗用車ほど気を遣わないので、キズへこみ/サビは当たり前の状況です。   旧規格で古いけど、当時としてはエアコン付きAT車というちょっと希少なグレードです。 
さて、いってみましょう。



荷台周辺/内部は、青くコケのようになっており、なかなか結構汚いです。 まずは清掃からしないと・・・。

S100P_HIJET_AT_ALLpaint_shiage15.jpg

S100P_HIJET_AT_ALLpaint_shiage02.jpg

フロントパネルは過去の板金痕がみえていました。 
ヒビ割れから水が進入しサビが出ています。 フロントガラス下部もサビ汁がでていて怪しいですね。

S100P_HIJET_AT_ALLpaint_shiage03.jpg

天井の様子。  上に荷物を載せたのか?人が乗ったのか?定かではありませんが、結構へこんでいます。 

S100P_HIJET_AT_ALLpaint_shiage04.jpg

軍手をはめて、「昇竜拳」で一発解消!
結構出ました。

S100P_HIJET_AT_ALLpaint_shiage05.jpg

車体をいつものようにジャンジャンバラしてゆきます。
ガラス下のサビも気になるので、フロントガラスも外して確認します。

S100P_HIJET_AT_ALLpaint_shiage06.jpg

この当時のはまだ接着タイプではなく、昔からある縁ゴムはめ込み式のタイプですので、モールを再利用できるのでエコです。
あまりにもこのゴムモールが固いと再使用はできませんが、なんとか大丈夫そうでしたので、クリップ外しとヘラをたくさん用意してチャッチャとモ-ルをめくって行きます。

S100P_HIJET_AT_ALLpaint_shiage07.jpg

5分掛からず取り外し完了。 このタイプは簡単で良いです。
モールの溝を清掃してから、割らないように別途保管しておきます。

S100P_HIJET_AT_ALLpaint_shiage08.jpg

はやりモール下は結構穴が開いちゃってました。  

S100P_HIJET_AT_ALLpaint_shiage09.jpg

これだけ開いちゃうと溶接での穴埋めではちょっと不安なので、周辺部を切り取って、新規で鉄板を継ぎ溶接する方法にします。

S100P_HIJET_AT_ALLpaint_shiage10.jpg

錆穴付近が全体的に錆が回ってしまっているので、局部的に穴埋めをしてもすぐその隣から錆が再発してしまうのです。
なので、その周辺ごと鉄板を切り取ってしまいます。

S100P_HIJET_AT_ALLpaint_shiage11.jpg

この部位の下には、ダッシュボードハーネスが通っていたので、溶接で燃えてしまわないように事前処置してから、同じサイズに切り出した鉄板を継ぎ溶接して完了!

S100P_HIJET_AT_ALLpaint_shiage12.jpg

板金処置して面出し。   過去の板金痕も、パテの浮きが目立っていたので周辺部を削り落とし、新規に板金処置。

S100P_HIJET_AT_ALLpaint_shiage13.jpg

ドアも看板を消した痕があったので、面の再処理。  この後サフェーサーで肌の確認。

S100P_HIJET_AT_ALLpaint_shiage14.jpg

後編に続く。

関連記事
  1. 2018/10/27(土) 10:00:10|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:0
<<S100P HIJET オールペイント  後編 | ホーム | ピカピカ フェアレディZ31 当時物パーツ満載。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する