FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

インターセプター フロントフェンダー型抜き製作作業 その1

ようやくといいますか、今年1発目の記事掲載です。
他にも、昨年度分もまだ未掲載が複数あるので順次掲載して行きたいと思います。
まずはインターセプター。
フロントフェンダーの形状変更を行うのは昨年の記事に書きましたが、今後、腐らないように、また破損等してもスペアが作れるように
との考えで、FRPで型を抜き、FRP製のフェンダーを製作します。  本国オーストラリアでも恐らく程度の良いフロントフェンダーなどは手に入らないだろうと思いますので、今後、5年/10年先を鑑みた場合、その方が得策だろうと判断しました。

まずは取り外し。



ガワはゴッツイですが、外してしまうと車体そのものは結構スマートです。
まあ、なにしろフェンダー自体がモーレツに大きいです。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0002.jpg

丁度ジャッカルさんが遊びに来ていたので、手を借りてフェンダーを持ってもらいました。
FTOに並べて撮影。  フェンダーの向こうの終端はほぼ同じ位置に併せてみると、

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0010.jpg

インターセプターのフェンダーが、FTOのエアロバンパーを含めた全長よりも長いのが分かると思います。
3回り以上大きいです。 (笑)

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0011.jpg

今回の画像では詳細は掲載していませんが、後付けのFRP製?のオーバーフェンダーを加工装着し、スムージングしてあるようでした。

表面は綺麗に出来ていますが、オーバーフェンダー下部やフェンダー巻き込み部のフィニッシュが少々仕上げが雑なので、そのあたりも修正した後に型抜きを行います。

画像は、ステッカーを剥がし、足付けをしてプラサフを塗ったところです。
肌の状態確認の為です。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0003.jpg

しばらくすると、ちぢれが出てきました。  まあ想定内ですが、やはりというか、海外での塗装がどのような性質か?が分からなかったので、塗装の相性を見るためにもプラサフは必要な作業です。  相性の違いや、溶剤の強さの違いによっても、元の塗装の浸食の度合いが違ってきますので、このプラサフの段階である程度見極めてゆきます。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0004.jpg

薄くパテを塗って、ちぢれの封じ込め&小キズの修正。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0006.jpg

型を抜く関係上、切りっぱなしになっているオーバーフェンダー下部を塞いでゆきます。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0008.jpg

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0009.jpg

つづく。
関連記事
  1. 2019/01/09(水) 01:22:39|
  2. MADMAX インターセプター 関係作業
  3. | コメント:3
<<コンプレッサー故障で仕事にならん・・・。 | ホーム | 新年明けましておめでとうございます。>>

コメント

お世話になっております

今年も何卒宜しくお願い致しますm(__)m
  1. 2019/01/09(水) 14:24:54 |
  2. URL |
  3. Sの #-
  4. [ 編集 ]

Sのさん>作業の方時間掛かってしまい申し訳ございません。 昨年から想定外のキャパオーバー&体調不良等になってしまっており、大変ご迷惑おかけしています。 できるだけ更新もしてゆきたいと心がけております。  
  1. 2019/01/19(土) 10:13:17 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

お世話になっております

ご無理なさらずお体お大事にされてください。(´д`|||)
  1. 2019/01/25(金) 03:33:58 |
  2. URL |
  3. Sの #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する