FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

インターセプター フロントフェンダー型抜き製作作業 その2

しばらく間が開いてしまいましたが、続きの掲載です。
インターセプターフロントフェンダーの型抜き作業ですが、前回掲載までは原型の修正から型取り前までの段取りでした。
その後原型となるフェンダーに離型ワックスを5回塗って拭いてを繰り返し、ワックスを効かせます。



非常にフェンダー自体が大きいのと、回り込みの形状の関係で、複数に分割して型抜きする必要がありますので、分割ラインとなる壁を製作します。(ここが割り型の位置となります)

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0013.jpg

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0014.jpg

元のフェンダー自体重く台の上では不安定なのと、この後積層してゆくとどんどんと重くなって行くので、台の反対側にウェイトとしてタイヤをおいてあります。   でないと、ひっくり返ってしまいます。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0015.jpg

左右分「壁」ができました。  この後、水溶性の離型剤(PVA)を塗り、型が張り付かないようにダブルで保険をかけておきます。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0016.jpg

バンパーの時とおなじように型用ゲルコートを塗って行きます。(型の表面になるので二度塗りします)

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0017.jpg

真冬は気温が低いためゲルコートがなかなか固まりません。(硬化促進剤のコバルトは入れてあります。  というか、型用ゲルコートは3液性のため、主剤/硬化促進剤/硬化剤の3種を同時に混ぜないと固まりません)
乾燥までに時間が掛かりすぎると、ゲルコートが縮れてしまうので、赤外線ランプを使って初期硬化を促進させてしまいます。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0018.jpg

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0019.jpg

で、1枚目のFRPから張り込んで行きます。 画像は3枚目まで貼ったところです。
最終的には6プライ(6層)になります。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0020.jpg

並行して分割ラインにて割りながら、他の割り型部分もすすめてゆきます。

つづく。


関連記事
  1. 2019/02/08(金) 01:22:57|
  2. MADMAX インターセプター 関係作業
  3. | コメント:2
<<さてさて、これはなんでしょう? | ホーム | 冷却水漏れ→ラジエター交換。  想定外に漏れた痕が凄かった・・・。>>

コメント

一つ一つのパーツが大きいから大変そうですね。
豪州ツアー組も美事に帰ってきたようなので今年のMMCの方針も間も無く決まると思います。
  1. 2019/02/09(土) 00:29:58 |
  2. URL |
  3. Yukizo37 #-
  4. [ 編集 ]

Yukizo37さん>国産車と比べて格段に大きいのでかなり大変です。  重さも非常に重いです(笑)  オーストラリア遠征行きたかったですが、自身の引っ越し他年末年始は色々と重なってしまっていたので参加できませんでした。  今年のコンベンションは参加できるようにしたいなぁ・・・。
  1. 2019/02/10(日) 11:15:55 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する