FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

GTO タイミングベルト他一式交換整備 イベント前の駆け込み作業 後編

前回の続きです。

同時交換でオルタネーターとセルモーターも。



新品ベルトを組み付け、補記類も組んで行きます。

GTO_T_BELTkoukan_saishuugata13.jpg

ラジエターまで組み込み、冷却水を入れて、エンジン始動ON!
順調にエンジンかかり様子を見ていたその時!!
ポタポタとしたたる緑色の液体・・・。
「え・・・?」なんですか?コレは・・・。 マジですか???
えー!?うっそーん????
見事に先ほど組んだウォーターポンプより水漏れ。

ということで、またもや冷却水を抜き、たった今やってきた作業をもう一度やり直す羽目に・・・。(もう涙目)
2度目の作業画像は割愛。
画像はウォーターポンプユニットのガスケット部に液体ガスケットを塗り、組み上げなおしたところです。(本日2回目)
前回掲載の画像のウォーターポンプを割ったところの中に液体ガスケットを塗って、組み戻した形です。

さすがに2回目はバラしから組戻しまで3時間で完了しました。

GTO_T_BELTkoukan_saishuugata12.jpg

GTO_T_BELTkoukan_saishuugata14.jpg

画像はセルモーター。 見たまんま左はリビルト品、右は取り外し品。

GTO_T_BELTkoukan_saishuugata15.jpg

そしてそして、苦難はまだ続く。

ウォーターポンプでの水漏れが止まったと思ったら、今度はアルミラジエターのセンサー部のメクラ蓋の部分から冷却水がしたたってくる・・・。 一つ問題をつぶすと、新たに問題発生! うげぇ・・・マジかぁ・・・。

このグロメット(メクラ蓋)は樹脂製で、内六角形状の部分が、工具を差し込んで回しても全然回らないほどに固着。 緩みも締め方向もどちらにも効かず。 そのうちに樹脂が歪んでバカ穴になってしまい、どうにも収集付かずに一旦ラジエターを引き抜きました。
 元々このグロメットなどはなにも触っていませんでしたが、持ち込みのラジエターキャップが1,1kg(通常は0.9kg)のものだったのが影響したのかどうか?分かりませんが、突然にこのグロメットの部位から漏れ出し、上記の結果に・・・。  どうしてだろう・・・? キャップの内圧が上がった程度で突然なるのか?  

GTO_T_BELTkoukan_saishuugata16.jpg

仕方ないので、なんとか残りの樹脂片を取り除き、ラジエター内部を洗浄、GTO前期のラジエター水温センサーが見つかったので、とりあえずそれをメクラ蓋代わりに装着してラジエターを戻し、いざ冷却水注入でエンジン始動。

で結果はまたもや滲んで来る。  再度冷却水を抜き、Oリングを新品に交換し、シールテープを巻いて再度トライ。
結果→やっぱり少し滲んでくる・・・。   うそーん!
 液体ガスケットを塗っても結果同じ。

よくよく見てみると、左のメクラ蓋部分は既に以前に液体ガスケットを塗られた形跡がありました。(茶色いヤツ)
以前にも漏れていたのか?液ガスを塗っていたんですね。 今回の右側は液体ガスケットははいっていませんでしたが、その分めちゃめちゃ締まってて、どちらにも回らない状況でした。 →樹脂のネジ山が崩壊しました。(涙)

GTO_T_BELTkoukan_saishuugata17.jpg

今度は同じネジピッチ/サイズのもう少し長いボルトを見つけてきて、ワッシャーを噛まし、より密着があがるように厚手のガスケットシートよりポンチで抜き出した紙ワッシャー&シールテープでトライ。 結果NG。

またまた今度は厚手のゴムシートを用意し、同じくポンチでゴムワッシャー&シールテープで同じくトライ!   結果、NG。

おいおいーどうなっちゃってるのよーーーーー!!!

GTO_T_BELTkoukan_saishuugata18.jpg

最終手段で、倉庫からGTOの純正ラジエターを見つけ出し、とりあえず暫定的にそちらに付け替え一旦そのまま使ってもらう方向に変更しました。  アルミラジエターなので、熱での膨張率の関係でなのか?またはネジ山が広がってしまっているのか?(&たまたまキャップの変更で内圧が上がって漏れ始めてしまったのか?)わかりませんが、終わったと思った最後の最後でトラップに引っかかってしまいました。 結果はラジエター変更ですべて完了しましたが、このラジエターからの水漏れ事件で1日かかってしまい、足かけ3日がかりの整備作業となりました。  ちーん。

GTO_T_BELTkoukan_saishuugata19.jpg

GTO_T_BELTkoukan_saishuugata20.jpg

水を入れたり、抜いたり、ラジエターを付けたり外したり10回くらいやったので、車体の下回りは冷却水の池になってました。笑。

GTO_T_BELTkoukan_saishuugata21.jpg

しかし、水回りに悩まされるのトラブル続きだったなぁ・・・。
なんとかギリギリイベントには間に合ったみたいでよかったですが、正直疲れました・・・。
おしまい。
関連記事
  1. 2019/02/13(水) 09:13:08|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:2
<<GTOガルウイング加工他 その1 | ホーム | GTO タイミングベルト他一式交換整備 イベント前の駆け込み作業 前編>>

コメント

忙しい中作業してくださり本当にありがとうございます。

現在GTOの調子はとても良い状態です。

アイドリング高い状態でしたがスロットルの部分でアイドリングを搾りましてアイドリングも安定しております。

KAZEさまのおかげです、ありがとうございます。

スロットルあんなに汚れていたんですね(;_;)
ブログの写真お借りして、こちらもブログ作っても大丈夫でしょうか?
また近いうち、お店にいきますので宜しく御願い致します。

追伸あの方NSX買ったみたいですね♪
やっぱりNSXはカッコイイですね♪

  1. 2019/02/17(日) 12:05:58 |
  2. URL |
  3. へきる #-
  4. [ 編集 ]

へきるさん>想定外のトラブル続きで大変でしたね。  スロットルもあれだけ汚れていると、清掃したらかえって状態が変わってしまいますね。  ISCが再学習はしてくれると思うのですが・・・。
 ブログ転載かまいません。

NSX格好イイですよね。
  1. 2019/02/19(火) 10:17:12 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する