FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

レグナム VR-4 タイミングベルト交換他消耗品交換  前編

こちらは昨年からの持ち越し作業。 

在庫車だったレグナムVR-4(なんと走行38200kmのツーオーナー車)タイプS サンルーフ付きが売約になりまして、当初は現状販売での予定だったのですが、タイミングベルトなどの消耗品を交換して車検取得にて納車をして欲しいとご要望がありまして、6A13エンジンは触ったこと無かったのですが、まあGTOのエンジン180度ひっくり返した感じのだっぺ?!位に思っていたので、了解しましたと受けてしまいました。(これが悪夢の始まり)



レグナムの漢っぽいデザインは昔から好きで、過去に(嫁さん用にですが)4台様々なグレードのレグナムを乗り継ぎました。 なのに、一度もレグナムの突っ込んだ整備をした経験はありませんでした。(なんで?)   すでに皆タイミングベルト交換済みの過走行車両ばかり乗り継いだからなんですね。(笑)   1800ccのGDI、2500STR(内装本革&ウッドパネルの豪華仕様)、VR4ツインターボ(前期)、2500ST(サンルーフ付きの普通のグレード)。  VR4は前期でも暴力的でもはやワゴン車にこのパワーはイラネ!って感じでしたが、燃費最悪で2年でギブアップしました。 1800GDIは4ヶ月くらいしか乗らずに手放してしまったので、整備らしい整備も要しませんでした。  2500STとST-Rはバランスが取れていて、シングルカムでしたがパワーも十分、燃費も実用レベルでST-Rが豪華装備だったし、バランス取れていて一番気に入っていたかなぁ。

話を戻しまして、交換部品一覧です。 コレですべてではないのですが、すでになかなか結構な点数です。

REGNUM_VR4_TBELT_seibihoka02.jpg

距離は少ないのですが、20年という月日で劣化は進んでいますので、できるだけ一度で交換できる内容のところはやってしまった方が良いという判断にしました。 また部品が出る内に出来うる限り手を入れてしまうというのもアリだと考えています。メーカー欠品になどなったら目も当てられません。

REGNUM_VR4_TBELT_seibihoka03.jpg

まずは見たまんまで外して行きます。  レグナムはやったこと無いのですが、GTOと同じようなもんだっぺ? とタカをくくっていました。

外せる範囲はジャンジャン外して行きます。

REGNUM_VR4_TBELT_seibihoka04.jpg

やりながら思ったんですが、私の技術レベルと経験値が不足しているのが主な原因だとは思いますが、このレグナムの6A13ツインターボエンジン、FTOのV6エンジンの6A12をベースにしているのだと思いますが、GTOと設計というか思想が全然違うようで(当然設計者も違うと思います)、GTOにくらべて非常に作業がしずらいんですよ。 どういうことかといいますと、外したい部品やネジが一筋縄では外れなく、あっちもこっちも外してようやくたどり着けるといったような構造といいますか、「もうちょっと方法あったでしょうよ?!」とついつい言いたくなってしまうような造りになっているように私は感じました。 その点GTO系の6G72は設計は古いですが、順当に部品は外せていけます。   狭いのは同じような条件なのですが、色々とイライラしてしまう状況が多々ありました。

REGNUM_VR4_TBELT_seibihoka05.jpg

FTOの時もですが、フロントパイプのすぐ脇にセルモーターやオイルフィルターがあったりと、熱害の出そうな感じは同じなんですね。
FTOにくらべてターボ類の補記類や配管が追加されているので、FTOより3割り増しにゴチャゴチャと具が詰まっていますね。
確かに手が入らん・・・。

REGNUM_VR4_TBELT_seibihoka06.jpg

ダイレクトにアクセスできないとか、ブラケットやマウント外したり、パワステポンプやエアコンコンプレッサーを外したりと、余計な遠回り作業が多くて、(自分的には)非常に厄介に感じました。 コレも慣れなのかなぁ・・・。

REGNUM_VR4_TBELT_seibihoka007.jpg

前をあげている内に並行してブレーキ回りの整備も実施。
ローターは表面サビもありますし研磨します。

REGNUM_VR4_TBELT_seibihoka13.jpg

研磨後。 気持ちがイイですね。

REGNUM_VR4_TBELT_seibihoka08.jpg

車体下回りもブラックで塗装実施。

REGNUM_VR4_TBELT_seibihoka09.jpg

REGNUM_VR4_TBELT_seibihoka10.jpg

REGNUM_VR4_TBELT_seibihoka11.jpg

REGNUM_VR4_TBELT_seibihoka12.jpg

つづく。
関連記事
  1. 2019/02/16(土) 00:00:46|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0
<<レグナム VR-4 タイミングベルト交換他消耗品交換  後編 | ホーム | GTOガルウイング加工他 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する