自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

トゥーカッター仕様 制作の巻 (その1)



先週末より、インフルエンザにてノックダウンしておりました。
久しぶりの更新です。 作業や更新ネタも溜まりに溜まって、すでにハチャメチャな状態ですが、忘れたようにリセットして事を進めたいと思います。

お客様より依頼にてお預かりしていたゼファー1100。 マッドマックスに出てきた暴走族グループのボス。「トューカッター」仕様にして!とお願いされまして、これから制作に入ります。
 私自身も、グースも好きですが、ダークでアウトローな雰囲気プンプンの暴走族軍団が好きです。 ガンダムも、主人公の乗るガンダムよりも、敵側のモビルスーツが好きな私です。 シャア専用ザクというとあまりにもメジャーな模範解答になってしまうので、私的には量産型ズゴックと言いたいところですが、ここは百歩譲ってグフとしておきます。(結局よくわからん内容・・・)

 そんなことは置いておいて、私のベースバイク「ZRX1100」と違い、ホワ○トハウスさんでもベースにしているだけあって、Z1の流れをくむ(?)空冷Zの現代版ですので、デザインも似た感じですね。 
 私もゼファー1100(または750)が欲しかったのですが、あまりにも値段が高く、ヘタにローンを組んでしまうと、嫁にケツの毛までむしられてしまう可能性がありましたので、涙と生唾をのんで人つてで話のあったZRXにしました。(左右共にコケ履歴のあるポンコツ車で走るまでに相当大変でしたが・・・笑)
 
 またもよやそんなことは置いておいて、早速バラして仮合わせです。
痛々しい姿になってしまいましたが、カウルを仮組みするにあたりサクサク撤去します。
センタースタンドが付いていませんでしたので、リアスタンドにて直立での作業を進めて行きます。

yamashita_goose02.jpg
 
 yamashita_goose03.jpg

今回組む、改良版カウル(アンダーやテールは従来品のままです)
スクリーンのラインがより自然な形になったかとおもいます。(自己満足ですが)

yamashita_goose10.jpg

yamashita_goose04.jpg
yamashita_goose05.jpg


スクリーンもビス固定してみました。(ビスの取り付け位置や個数は実車はよく分からないのですが、ふっふんふーん!と鼻歌を歌いながら、フィーリングで穴を開けて付けてしまいました。 劇中車とちげーよ!などとつっこまないでください。 当方、実は結構何もしりません。 すべて勢いで作業しています。

yamashita_goose06.jpg
yamashita_goose07.jpg
yamashita_goose08.jpg
yamashita_goose09.jpg

おおよその位置を出している状態です。 この車には社外のオイルクーラーが付いていましたので、逃げる関係上、多少前方向にオフセットして取り付けてあります。

 こちらはカウルのベースとなる素材達です。
純正のカウルステーをたくさんストックしてあります。
ほとんど作り替えてしまうのですが、ベースのひな形があるのと無いのとでは作業性も違うので、私はベース素材を元に構成してゆきます。

yamashita_goose12.jpg

そのなかの素材の良さそうなところを切り出し、仮溶接して行きます。

yamashita_goose14.jpg

仮溶接しては車体に仮付けを繰り返して、フィッティングを確認してゆきます。
走行してからの強度もある程度見極めておかなければいけませんので、部分的に補強も入れて行きます。


yamashita_goose15.jpg

仮付けのバランスはこの位かな?

yamashita_goose16.jpg

でもって、今度は、フレームのネック部分の保持を作って行きます。
フレームナンバーには影響の無いようにセンターに6ミリ厚のプレートを溶接して行きます。

yamashita_goose17.jpg
yamashita_goose18.jpg
yamashita_goose19.jpg

 プレート溶接後、脱着出来るようにしなくてはなりませんので、ステー側になる外側のブラケットを切り出し、溶接して行きます。(溶接はプロではないので、見た目は勘弁してください)  もちろん、最終的に錆止めを行い、フレームは部分塗装、ステー類は塗装を施します。

yamashita_goose20.jpg

でもって、先に製作していたアッパーカウル側のステーと、ネック部分に取り付けるブラケット部とを接合し、補強を行います。

yamashita_goose21.jpg

ヘッドライトは純正はかなり大きいため、一回り小さい社外のヘッドライトを使用します。 なので、ヘッドライトを固定する部位はまだ製作していません。 ライトが届いてからとなります。


yamashita_goose22.jpg
yamashita_goose23.jpg
yamashita_goose24.jpg
yamashita_goose25.jpg

とりあえず、こんな感じでアッパー周りのステーは完了です。 
この後、アッパー&アンダーとの中間、アンダーのステー製作、テールカウル取り付け部、ウインカー取り付け部等々の記事を順次掲載してゆきます。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/16(土) 19:32:02|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トゥーカッター仕様 制作の巻 (その2) | ホーム | FTOエンジン載せ替え 折り返し>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazeblog6066.blog.fc2.com/tb.php/92-02eeff50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)