FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

インターセプター フロントフェンダー型抜き製作作業 その4

型の簡易清掃が完了しましたら、製品を抜き出す準備にはいります。
離型剤を3回(塗って・拭いて)を繰り返し、保険で液体の離型剤(PVA)を塗り準備はOK。

型を組み立て直して行きます。
型の分離前にボルト貫通穴を開けておいたので、ここにボルトナットを通して型を固定してゆきます。



INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0028.jpg

フェンダー裏側になる部位は組み上げてしまうと積層出来ないので、この状態で積層し、乾燥前に型を組み上げ接着します。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0045.jpg

製品肌になるゲルコートを塗ります。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0046.jpg

乾燥後FRPを積層。 今回は450番を2層(2プライ)で積層しました。 約2ミリの厚みがありますので結構丈夫です。
一般的なエアロパーツのバンパーなどの厚さと同じです。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0029.jpg

裏側の回り込み部分も清掃後に、組み上げます。 ここはクランプにて固定。 ヘッドライト裏(後部?)にあたる位置です。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0030.jpg

乾燥後、型を分離し、抜き出し完了。
割り型にして作っておかないと、抜き出し時に製品が取り出せなくなるため、型を数個に分割して製作しました。
すべてはこのための作業になります。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0032.jpg

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0031.jpg

この後、バリを切断、ケガキ線に沿って穴を開け肌を仕上げます。

手前が肌を仕上げてこれからサフェーサーを塗るモノ。
奥がサフェーサーまでしあげたたものです。  画像的にはほぼ見分けが付きませんね・・・。

INTERCEPTOR_SEISAKU_F_FRNDER0033.jpg

仕上げ後、車体に取り付けて各部チリや取り付けのチェックを行います。

つづく。
関連記事
  1. 2019/05/12(日) 09:51:57|
  2. MADMAX インターセプター 関係作業
  3. | コメント:2
<<インターセプター フロントフェンダー型抜き製作作業 その5 | ホーム | インターセプター フロントフェンダー型抜き製作作業 その3>>

コメント

すごくいそがしそうですね・、こちらも4月に長男が就職して川崎の寮に入り、研修にはいりました。その長男なのですが、クルマを買い替えたい! と、しかも 僕のと同じH4年式のGTOを!とのことで・。なぜ?と聞いたら リトラの最終型を買ってガルウィングにしたい! とのこと・、中期型のほうが100万円くらいやすいのでそっちがいいのでは?と言ったのですが、やはりリトラはゆずれない!とのこと。そんなところにカーセンサーに八王子にH4年式のガルウィング、しかも KAZEさまのフロントスポイラーまで・、もう狂喜乱舞で八王子へ行きました! 外装は申し分ないのですが、内装とエンジンはそれなりでしたのでもう一つ出ていた 板橋のワンオーナーのノーマル車両にすれば?と考えさせていたところ、板橋はあっという間に売れてしまい、これはぐずぐずしているとまずい!と、ふたたび八王子にいってなんと!買ってきてしまいました! KAZEさまの大ファンの息子は大満足ですが、何分古いクルマなので・、いろいろとお世話になるかもしれません、その時はよろしくお願いいたします。
  1. 2019/05/12(日) 23:47:22 |
  2. URL |
  3. Jean-luc #SHLDkvn6
  4. [ 編集 ]

jean-lucさん>ついに買っちゃったんですかっ?!  凄い買い物をしましたね!?今度拝見させてください。(^^)

買っちゃった後でのご報告で心苦しいですが、実はこれから掲載予定の記事で、最近作業したGTOで、中期→前期リトラへ変身した車両があるのですが、純正の配線図の結線/不足配線/動作回路の解析が完了し、完全リトラ化をしました。  8年ほど前に最終型を同じように1台実施作業した際は、ETACSを介入せずに、簡易配線でほぼ純正に近い形でのリトラ化を行いましたが、今回は純正ETACSを介入してほぼすべて前期と同じ配線で接続してあります。 簡易リトラですと、ディマースイッチでライトをONにした際にヘッドライトがポップアップせず、リトラが閉じたままライトが点灯してしまいます。(別途ポップアップSWをONにする必要あり) その逆もしかりです。   完全前期化にすると、ディマースイッチでポップしながら点灯し、その逆もしかりです。 このあたりの記事は近日掲載します。 なかなか大変な作業でしたが、これが分かれば、後期や最終などの程度の良い個体ベースで前期化が可能です。 (面倒くさいからもうやりたくありませんが・・・笑)
  1. 2019/05/13(月) 00:27:15 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する