FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

道具の定期メンテナンス

たまには道具のメンテナンスです。

塗装には欠かせないスプレーガン。
通常、この倍の8機で塗装をローテーションして使用しています。
クリアー用は別で分けています。
今回は4機の分解洗浄。 

かなり強力な剥離剤を使用して付着した塗料等を洗浄するので、耐油性のゴム手袋は必須です。
この手袋をしていても、中の手はヒリヒリするほどの浸透性があります。 
肌に付着すると非常に危険です。(ヤケドします。 マジで)

TOOL_maintenance001.jpg

画像は分解後洗浄が完了したもの。
4機分となると結構な量です。 
 サフェーサーで使用しているガンは、あまりにも強固にカップに付着してしまったためこれ以上は大変なのでそこそこでOKとしました。 2液性のサフェーサーなので非常に塗膜が厚く、強固なので剥離剤でもすべて落としきるのは難儀します。(ToT)

外見の見た目よりも、むしろカップやガンの中の汚れの方が重要で、塗料の通路内に過去の塗料カスが残ったままだと、まれに剥離して塗料と共に出てきてしまい、白を塗っているのに、違う色の塗膜片が出てきた!なんてことがあると大変です。 なので、毎回シンナーでガンを洗浄はしますが、使用回数が多いので、どうしても取りきれなかった汚れが溜まってきてしまいます。 余計な仕事を増やさないためにも定期的な分解洗浄は必須です。 



組み付け/調整で完了です。 
綺麗になると気分がイイネ。

TOOL_maintenance003.jpg

オイル交換で出た廃油を使って、ギヤレンチ類や可動工具、プライヤー類をメインにオイル漬けに。
(この作業を引き出しごとに数回に分けて実施)

TOOL_maintenance004.jpg

これも定期的に行っています。
ギヤのハンドツールは皆さんも使用していると思いますが、エアーツールと違って定期的に注油などあまりしないと思います。
使用頻度が多い工具だと、ギヤ内部が摩耗したり、ギヤ飛びしたりと消耗が一気に進んでしまいますので、当方は定期的にオイル交換でトレーに溜まった廃油に工具を漬け込んで(オイルの中でギヤも回す)、拭き取って工具ラックに戻すメンテナンスをしています。 ギヤ内部だけでなく、工具全体に油膜もできるのでサビにくくなるというメリットもある(と勝手に思って)います。w
 特に湿度の多いこの季節は工具が露でしめってしまうので、サビの誘発につながると思います。

毎日使用するものですし、この道具達があって稼いでくれるので、大事に扱わないと・・・ですね。
関連記事
  1. 2019/06/24(月) 00:48:43|
  2. 整備工具関係
  3. | コメント:0
<<インターセプター スーパーチャージャーユニット加工取り付け  その1  | ホーム | GTO長期不動だった?からの整備復活 その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する