FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

AZR60Gヴォクシー 水漏れ現地修理

自宅ではありません。 会社の事務所です。
ソファーがにゃんこに占拠去れています。  
1日2回ご飯を食べにやってくるにゃんこですが、ご飯をたべると自分の寝床だとばかりのくつろぎようで、昼寝したままどきません。  日中はほぼこの状態です。



おまえ、リラックスしすぎやろ!(爆)

AZR60G_heater_hose_koukan02.jpg

滅多に出張作業(修理)はやらないのですが、今回ばかりは珍しく現場での作業です。
先日電話があり、車の様子がおかしい・・・と。  エアコンが効かなくなり、水温計の表示が青い(冷えた状態)の表示をしていると。 エンジンルームを確認したらどうやら水漏れをしているようだとのこと。  その後自宅に車を確認しにゆくと、冷却水を補充する目の前でジョボジョボ漏れてるじゃあないですか?! どうやらヒーターホースのプラスチックジョイントが折れてだだ漏れのようです。 
 ご本人さんもこのあと出張で1週間ほど不在になってしまうとのことでしたので、スペアキーを預かり、不在中に修理をしておく約束で現場を後にしました。

AZR60G_heater_hose_koukan03.jpg

昔、L700系のミラやムーヴでよくあった、ホースジョイントの折損がもっと世代の新しいトヨタ車で同じ状況がでているとは知りませんでした。 調べてみると結構よくある症状らしい・・・。  なぜに金属ジョイントを使わないのか不思議・・・。 コストの問題か?
でも3カ所も同じプラ製ジョイントを使っているんですよ?

 とりあえず早急に部品をしらべて手配をしました。  今回はリアヒーター(リアエアコン)付きの車でしたので、リアヒーター付きのホースセットを注文しました。 ヒーターのアリ/ナシで部品形状が違うようです。

今回はジャッキアップの必要性がなく、水漏れが酷いので、無理に自走してエンジンを壊してもいけないので、部品と共に必要な道具を一式と冷却水を持って現場に出向きました。 

AZR60G_heater_hose_koukan04.jpg

右側ホースの下向きのジョイント部がポッキリ折れてました。

AZR60G_heater_hose_koukan05.jpg

当然ながら、折れた箇所だけではなく、IN/OUTの両方のホースセットを注文しました。 同じだけ劣化が進んでいるので、同じ状況になっているに違い有りませんので、同時交換します。  まあ、来た部品も材質変更はなく、プラスチック製のが来たんですけどね。(笑)

AZR60G_heater_hose_koukan06.jpg

交換後の画像。 奥まって付いている箇所も多いので、ロングノーズプライヤーがあると非常に楽です。
もちろんストレートタイプと曲がりタイプを3種類持参しましたヨ。

AZR60G_heater_hose_koukan07.jpg

外す段階でポキポキ折れて、こんなですもん。  バラバラになっちゃいました。
交換後は新たに冷却水を入れ、丁度駐車場が傾斜のあるスロープ状になっているので反対側に向けてエアー抜きをしました。
試乗もして問題ないのを確認で現場を撤収です。 
 オーバーヒートし掛かっていたようなので、ガスケット抜けが心配でしたがラッキーなことに大丈夫でした。
よかったぁー。

AZR60G_heater_hose_koukan08.jpg

おしまい。
関連記事
  1. 2019/07/10(水) 00:23:53|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0
<<インターセプター スーパーチャージャーユニット加工取り付け  その3  | ホーム | GTOに他車種用のウイングを加工して取り付けてみよう その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する