FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

S331Vハイゼット 車検前整備にて

後輩君が個人売買で買ってきた S300系ハイゼット。
後期のタイミングチェーンの4WDマニュアルターボという希少?グレード。  
まあ好みもあるので、マニュアルターボは良いんですが、10年落ちで19万km走行。
商用バンですので、外観は使用に伴うキズヘコミは良いとして、下回りのサビも結構多めでやや心配。
距離も距離なので一通りチェックしないといいけませんなぁ・・・。

持ち上げてみてまず最初に目に飛び込んできたのがコレ。
いつから漏れていたのか?分かりませんが、現在も進行形で漏れているようで、しずくになって濡れています。



結構痕跡残ってますね。
水回りホース1カ所交換しても、次に弱いところが順次やられてくるので、この際有る程度の本数まとめて交換してしまおうとなりました。

S331V_mizumawariseibi08.jpg

とりあえずざっくり見繕ってこんな感じ。
まだ細かいのとか、細いホースはありますが、メインの箇所から交換しておきます。

S331V_mizumawariseibi01.jpg

EFのNAエンジンのS300系ハイゼットはエンジン載せ替えとか、軽整備とは数回やったことはありましたが、KF-DETは初めて触りますが、全体的にエンジンルームも、フロントラジエタースペース等もギチギチで手が入らない。
 すごく窮屈な設計で、整備しずらいなぁという感想。

S331V_mizumawariseibi02.jpg

ラジエター裏のホースも、ラジエターを外さずにずらしたスペースで作業したから、なかなかやりづらかった・・・。

とりあえず交換完了。
わずか7本だったけどなかなかイライラする作業でした。

この後冷却水を入れエアー抜き。
電動ファンも周り、ヒーターも温風が出てきたので一旦冷まして、冷却水を追加。
ラジエターキャップをして再度エンジンかけてしばらく置いておいたら、なんと!
ラジエターからボタボタと冷却水が漏れて来るではないですか?
えー!!!!マジー!

どうやらキャップをつけて加圧されたら弱っていたラジエターから漏れだしたようで、急遽新品ラジエターを手配して後日交換ということになりました。  とほほ・・・。

S331V_mizumawariseibi03.jpg

で、交換中。
このS300系ってやつは、色々窮屈なつくりになっていまして、ラジエターも、サブタンク一体型のハウジング(電動ファン)に埋め込まれるように一体化していて、どうにかこうにか?エアコンコデンサをずらして下にまるごと落として抜くという荒技が必要になります。   エアコンの低圧側のジャックなんて、最初どこにあるのか?分からないような隠れた位置にあるし(ホースの下に埋もれていて知らないと探し出せないような位置)、どうしてこうなった?という造りというか整備性にがっかりな感じです。 
 室内スペースを優先して設計した結果、色々と隅に追いやられた結果なんでしょうね。 

コンデンサーも過走行の車なので、虫?小石?でフィンもギッタギタです。

S331V_mizumawariseibi04.jpg

新品ラジエターと、ハウジングに収まった状態のもの。 下のクリップを2カ所外せばラジエターは抜けます。

S331V_mizumawariseibi05.jpg

裏には一体型の電動ファン。 左上の一角が一体型のサブタンクです。
しかし窮屈な造りだなぁ・・・。 

 S331V_mizumawariseibi06.jpg

ここまでやったので、保全整備でサーモスタットも交換しておこう!となったのですが、コレがまた変な取り付けになっていて厄介・・・。  普通は上からボルト2本で留まっていて、パカっとケースが割れてササッと交換できるようなイメージありますが、ボルトは下から刺さっているわ、ケースごと1回取り外さないとボルトにアクセス出来ないわでもう大変。 ホースを沢山抜くのも面倒だし、エアー抜きを一からやりなおさないといけないしで、とにかく整備に対する設計が残念なイメージしかなかったです。
 
 ハイゼットの作業経験が少ないからなのかなぁ・・・。 でもこのKF-DETエンジンは手も入らないしホース類の取り回しも良くないし、であきらかに大変なんだよなぁ・・・。  
 ハイゼットトラックの場合は、バンとは違って、エンジン搭載位置自体がもっと後方にあるので、エンジン前方スペースはかなり余裕があり作業が楽な印象があります。 

 シートの間のサイドブレーキの付いているセンタープレートも地味に整備の邪魔です。(笑)  

エアー抜きして漏れないことを確認して作業は完了!
あー疲れた。

S331V_mizumawariseibi07.jpg
関連記事
  1. 2019/07/14(日) 11:41:35|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0
<<GTO長期不動だった?からの整備復活 その6 | ホーム | 自宅にゃんこ達。 帰って猫と戯れるのが毎日のストレス発散です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する