FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

インターセプター スーパーチャージャーユニット加工取り付け  その5

前回の続きです。

鉄工所の後輩くんにステンレスのベースフレームの製作とFRPのケースを保持する内部骨格(プレート)の製作をお願いしていました。  前回のイメージではこんな感じ(インテーク下の角材だったのを持ち込みのケース(ゲタ)に入れ替えて撮影したものです。
 フロントカバーもFRP製の形状/厚み違いのものですので、完成形ではありませんがイメージです。



今回FRPのケースの方も再加工しまして、支える内部骨格をステンレス製のプレートで製作し、その厚み分の逃げを作るため、天井部分を厚くフラットに作り直し、前後カバーの取り付ける箇所をプレートが収まる形状に切り欠きました。(ちょっとわかりづらいかな?)
 
SUPER_CHARGER055.jpg

こいういう感じでステンレスプレートが挟まりまして、

SUPER_CHARGER056.jpg

フロントカバーが付きます。
FRPのケース本体の強度、厚み、ボルトの逃げなど考えると、こういう方法しかないだろうなぁ・・・と後輩くんと色々検討。

SUPER_CHARGER057.jpg

プレートを挟んで、フラットになるように加工。  FRPケース自体に重量をかけられないのと、メスネジを立てられないが結構問題・・・。  ナッターなどの埋め込みもリブの形状の関係でスペース/奥行き的に出来ないのです。 

SUPER_CHARGER058.jpg

天板にもこのようにステンレスプレートを配置。(上に載せるケースとインテークは取り付けの方法も含めて考えてあります)

SUPER_CHARGER059.jpg

 フロント部はアルミフロントカバーを支えられるだけの丈夫さと、フロントケースを固定するボルトを打ち込むためのネジ山を立てられるだけの厚みの関係上、6ミリ厚のステンレスプレートで製作。 天井部分とリアカバーは4ミリ厚のステンレスプレートで製作です。 (まだ切り出しただけの研磨前です)

組み立てるとプレートはほぼ見えない形になります。

SUPER_CHARGER060.jpg

リアカバーの逃げ。

SUPER_CHARGER061.jpg

画像のピカピカしたフレームは、ケースを支える台座となるベースフレームです。
またケース内部を空洞にして、キャブレターにハマる小型のエアクリーナーなりを取り付けなくてはいけないだろうという判断から、当初の骨格でのフレーム形状を見直し、プレート構造で最大限空間を確保しました。 これならなんとか小型のエアクリーナーは取り付けできそうかな?

SUPER_CHARGER062.jpg

そのベースフレームが、この骨格プレートとこのようにボルト/ナットにてドッキングする形となります。 (ベースフレームはまだ足と溶接していないので、取り外してプレート側に載せてみました)

SUPER_CHARGER063.jpg

ケース内部は最大限確保しました。  
またメンテナンスやその他、ブロワーユニット自体の脱着が極力簡単にできるように、構造や組み方を思案してみたつもりです。

SUPER_CHARGER064.jpg

インテークと本体ケースに挟まれるケース(ゲタ)ですが、高さと形状がイマイチ思っているものと違うという事なので、新たにステンレス板で製作することにしました。  この購入されたケース自体も形状もですが、造りがかなり素人っぽくて(失礼!)、取り付けの方法もかなり無理がある造りでもあるので、この際、職人さんにきっちり造りなおしてもらって、取り付けも完璧なものにしたいと思います。 

ホースの位置も違うようで、3本の突起?が何のためにあるのか?も分かりませんので、頂いた資料を基に、そちらに近づける方向で製作したいと思います。 

また、ケースと本体ケースとの間にある1センチほどの厚みの板(現品はアルミ板でした)ですが、本体ケースとの幅が合っておらず、15ミリほど段違いなので、こちらも使用しない方向です。(6カ所開いている取り付け穴の位置が違うため、板の両脇を7.5ミリづつ切断すると穴位置がかなり外にきてしまい格好が悪くなってしまう感じです)

SUPER_CHARGER066.jpg

現在骨格プレートの溶接/研磨とケース(ゲタ)の製作中です。
つづく。

話は変わって、少し前に知ったのですが、今年のコンベンションにて、クラウドファンディングでトゥカッター(ヒューキースバーン)をはじめ、キャストを呼ぶ予定でいるとかなんとか・・・。   ついにですか!?  スゲー!

とりあえず私もクラウドファンディング参加して、バイクも作り直して11月のコンベンションに参加したいなー!と思います。

興味ある方は是非以下を見て、参加してください!

マッドマックスコンベンション 2019
https://readyfor.jp/projects/madmax

MADMAXconvention2019.jpg
関連記事
  1. 2019/07/24(水) 12:37:49|
  2. MADMAX インターセプター 関係作業
  3. | コメント:4
<<MADMAX ババ仕様で有名なYukizo37さんが遊びにきました!  | ホーム | リアウイング装着の画像いただきました>>

コメント

ケース内に、相当な熱が、隠りそうですが、大丈夫なもんなんですか?インテークとは、繋がって無い感じですが。
  1. 2019/07/24(水) 16:22:28 |
  2. URL |
  3. のり #-
  4. [ 編集 ]

のりさん>そもそもが、インターセプターのチャージャーはダミーで加給はしていないんです。 (劇中では600馬力と言われていますが、プーリーがまわっているだけで加給はしていません)   現在作業している車両もギミックはやるつもりでいましたが、メインの本体ケースがFRPのものを持ち込んできたので、耐久性的/安全性等考慮し可動はやめました。  なのでインテークから直接空気を入れる必要も無いのと、開けた際にそこから水(雨水や洗車水)が入って、エアークリーナーから直接吸ってしまうとそちらの方がマズいので、インテークからは穴は開けていません。 というか、持ち込まれたキットも本体ケースも穴が開いていなければ、その上にのるケース(ゲタ)の下のアルミ板も穴も開いていませんし、元から通気穴は開いていません。   熱のこもりに関しては、穴を開けた分、純正よりは放熱効果が有るかとはおもいますので、問題は無いのではないかと思っています。 
  1. 2019/07/24(水) 18:37:44 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

CBはどこでも大人気ですよ。

お久しぶりです、野倉さんの組んでくれたCBでオーストラリアの映画取材に参加しました!コンベンションは是非ともカゼグンダンで参加したいですね。
  1. 2019/07/25(木) 06:31:10 |
  2. URL |
  3. バンデラス 秀 #-
  4. [ 編集 ]

バンデラス秀さん>ご無沙汰しています。  凄いですね!取材受けたんですか?! 個性的な色合いもあって結構目立ったでしょうね(^^)
 11月のコンベンションはぜひ参加したいですね。(みんなで行きましょう!)   自身のバイクも作り直したいので、なんとか仕事の合間で進めたいと考えています。 ZRXの作り直しか、ZZRの新作か?迷っているところです。 
  1. 2019/07/25(木) 09:36:54 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する