FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

FTOのエアコン修理。 後編

続きです。

真空引き後ガスを注入し、様子を見ていると、徐々に低圧側の針が0に近づいていっているではないですか・・・?
え?ウソでしょ??駄目でしょソレは。(また詰まり症状が出ているということです)
ウソォォオオん???  マジですかぁ????

その後、エバポ脱着/エキパン洗浄/組み付け/ガス注入→テスト  を繰り返し、結果変わらず・・・。
もうボーゼン。   電装屋さんではないオイラにはそこまでわかりませんがな・・・。(泣)  
何が原因なのよ?一体・・・?



エバポの脱着作業をすること数回。 
エキパンが詰まる症状?が見られるなら、エキパンそのもの調整を開け方向で調整して、流量を上げてやれば詰まりにくくなるんじゃね?  と勝手な解釈の元、エキパンを通常のデフォルト位置より(1/2回転)戻して広く調整して組みつけてみました。

コレがよかったのかどうか?わかりませんが、結果詰まり症状は出ず、冷風がでてきました。
冷媒が無事通過しているようです。  ヤッター!

まだ安心はできないので、ゲージも取り付けたまま、1日放置。
するとやっぱりガス圧が下がってきているではないですか?
これはひょっとするとまさかのガス漏れもどこかにまだあるみたい・・・。

ガスと共に蛍光剤も注入し、1日オーナーさんに乗ってみてもらうことに。
すると、コンデンサーとの繋ぎ目の配管に漏れを発見。!   
他も配管をたどってゆくと、もう1箇所あやしい?ところを発見。

そして、コンデンサーの表面にも微妙にあやしい箇所も発見!
ということで、オーナーさんと話し合った結果、コンデンサーとそのつながっている高圧配管を交換することになりました。
コンデンサーは新品価格を調べると、55000円(記憶では)、探したけど社外新品の設定はないようで、純正のみ。
さすがにその値段だと躊躇してしまい、程度のよさそうな中古を見つけGET!(本当は中古品はお勧めしませんが)

高圧配管は10000円ほどだったのでこちらは新品を用意。
(取り付け部のOリングはもちろん交換です)

FTO_eacon_shuuri17.jpg

部品が揃ったので、早速バラし開始。
コンデンサー交換は、まずはラジエターを取り外します。

FTO_eacon_shuuri19.jpg

ラジエター外れました!   ラジエターを抜いた側から見た画です。

FTO_eacon_shuuri20.jpg

問題の箇所はココ!   コンデンサーの高圧配管との接続部。 
2年ほど前には一度このOリングも交換した過去があります。  なのに直ってない・・・???
1箇所怪しいクラック的なものもありました。  

FTO_eacon_shuuri21.jpg

新規に蛍光剤も足していたので、漏れの箇所も明確に出ていました。(預かり時は蛍光剤の反応はわからなかったのですが、詰まり症状が改善され、ガスが規定量入り適正圧力が加わることにより、ハッキリ反応が出てきたのではないかと思います)

画像は紫外線ライトを当てたのを、専用のサングラスを通して見た画です。
黄緑色に反応の痕が見えるのが漏れ箇所です。   お前が犯人かぁ!??

FTO_eacon_shuuri22.jpg

取り外したコンデンサですが、このあたりも過去に漏れた形跡なのか?オイルのような痕があり、コンデンサ交換の判断材料としました。 

FTO_eacon_shuuri23.jpg

もう1箇所気になったのが、エアクリーナーBOX下にある配管の部分。
明らかに車体のフレームと接触して擦れた痕があります。
この車だけの症状なのか?と気になったので、別のFTOも確認してみたところ、同様に配管むき出しでフレームと接触していました。  ほんのかすかにですが、蛍光剤の反応がでていました。   この部位は、2台共に配管とフレームとの隙間にウレタンクッションを挟み込んで接着。 直接触れないような対策をとりました。(とりあえずココの部位は交換せず様子見で良いとのオーナーさん判断でしたので今回は交換しません)

 エアクリBOX下にあるため通常は目に付かないので気が付きませんが、ここは他のFTO乗りの方も擦れを確認して対策をとった方がよいかもしれません。  配管の方が、アルミで柔らかい為磨耗してしまうのと、接触している金属がアルミと鉄で異なるものだと電位差が生じてサビ(電蝕)がおき、長期に渡ると穴が開いてしまう可能性もあります。 
 どうして純正がこんな設計なんでしょ・・・?  クッション材やゲタのクリップを入れれば避けられるのに。

FTO_eacon_shuuri25.jpg

交換後に改めて真空引き/ガス補充でテスト。
数日オーナーさんに乗っていただき、問題なく冷えているとの事で大丈夫そうです。
蛍光剤の漏れチェックもしましたが、今度は大丈夫そうでした。

なかなか長期にわたって作業がかかってしまいましまいすみませんでした。
まだまだ経験値不足なのだと改めて実感・・・。 
しかし、なかなか苦戦した1台だったなぁ・・・。

ようやく完成できたので安心しました。

FTO_eacon_shuuri24.jpg

おしまい。
関連記事
  1. 2019/08/30(金) 01:24:08|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:2
<<MH23S エアコンガス漏れからのエバポレーター交換 | ホーム | FTOのエアコン修理。 前編>>

コメント

お疲れ様です 今回も KAZEさんのお陰で 不死鳥の如くフェニックスが復活しました
ほんと感謝しています ありがとうございます 
エアコンの修理がこんなに過酷なモノだったとは知りませんでした。
とゆーか エアロ屋さんですよね(笑)
KAZEさんの挑戦意欲凄過ぎです 
お客さんが多く 3年待ちでも離れない理由の一つですね

ただ頑張り過ぎなので いささか社長の体が心配です 
眠そうな目をしてる時があるので 疲れてるなぁと判りますよ
チビちゃんの件もあり 睡眠時間2時間では 身体を壊してしまいますので
お体大切にして欲しいです ゆっくり休んで たまには家族サービス&
大好きなバイクも走らせてあげてくださいね


 

  1. 2019/08/30(金) 04:56:22 |
  2. URL |
  3. ジャッカル #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

ジャッカルさん>名前に負けず不死鳥のごとく今回も復活しましたね。(笑)  今後もまだ故障箇所が出るのか出ないのか? ハラハラドキドキです。  私も電装屋さんではないので専門知識とスキルまでは持ち合わせてはいませんが、エアコンは目で見えないだけにかなり厄介で、場所と原因の特定が困難なケースもありますよね。 エバポレーターの場合は外してみないとわからないとか。  FTOの場合はダッシュボード外さずに外せますが、車によってはダッシュボードまで全バラにしないといけないのもありますので、かなり手間と時間がかかってしまいます。 
 確かに少し休みたいですねぇ・・・。 

チビの件もあるので、今の時期は2倍大変ですね。
でも、最後まで見届けてあげるのが責任だと思っていますので、放棄はできないです。
(泣)
  1. 2019/08/31(土) 09:47:01 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する