FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

台風15号 その2

会社から自宅/実家までの道のり、および周辺の状況確認で少しだけまわってみました。

近所の量販店のシャッターがすべて破られ、吹き飛んでいました。 タイヤも崩れています。 



近所の農家の納屋もつぶれていました。 

taifuu15gou_jimusho_15.jpg

以前住んでいた住居の隣の建物。 屋根が崩壊しています。 

taifuu15gou_jimusho_16.jpg

近所の神社前の小屋も崩壊。

taifuu15gou_jimusho_17.jpg

これは後日撮影したものですが、バイパス上に巻き付いている建物の屋根(トタン)です。 
このような5メートルから10メートルほどのロール状に巻かれた屋根材がバイパスの至る所にガレキとして転がっていました。 
 台風直後は木の板、垂木などの破片がそこらじゅうに落ちていました。

taifuu15gou_jimusho_18.jpg

近所のコンビニの看板支柱にも屋根材が巻きついていました。 この柱の上の看板も鉄骨を残して看板自体は粉砕してなくなっていました。 

taifuu15gou_jimusho_19.jpg

コンビニ敷地内の看板もこのようにほぼ水平にグニャリと折れ曲がり。
地域一体の看板や標識は軒並みこのような状態へ変形していました。 
停電の為、当然信号機も点きませんので、夜間も市内一面真っ暗で交差点内も真っ暗です。 
皆、車は徐行して、譲り合って通過していました。

taifuu15gou_jimusho_20.jpg

以下はネット上に上がっていた画像の引用です。 ツイッターやニュース、ブログ等で取り上げていただいたものの一部です。
近所のよく行く店舗や見慣れた建物、風景が一変していました。
まさに絶句です・・・。

会社のすぐ近くのバイパスです。 このようなはがれた屋根材、壁材がそこら中に散乱。

taifuu15gou_jimusho_22.jpg

よく行くコンビニです。 風圧で?か窓が内側へ吹き飛ばされていました。
鋸南町のコンビニも被害が凄かったです。  すべての窓が無くなり、屋根も剥がされて飛んでいってしまいました。 中身も無かったです・・・。 凄まじかったです・・・・。 

taifuu15gou_jimusho_23.jpg

ここも、とてもよく行っていたドラlッグストアです。  店舗内をリニューアルしたばかりなのに、メチャメチャになってしまいました・・・。
店員さんも良い方だっただけに非常に残念。 復帰を待ち望んでいます。 

taifuu15gou_jimusho_24.jpg

北条海岸前の地元不動産屋さんです。 海岸通り沿いなだけに被害が大きかったようです。

taifuu15gou_jimusho_25.jpg

後輩くんの勤めていたガソリンスタンド。  ニュースでもやっていました。
他にも別なスタンドでも、強風で給油機が数台へし折れてしまったところもあり、同じく屋根が落下したところも複数ありました。 

taifuu15gou_jimusho_26.jpg

基礎を残してまるごと吹き飛んだところもありました。  もう、これゴジラでも通った痕みたいになっています。

taifuu15gou_jimusho_27.jpg

ビニールハウスは吹き飛び、変形し、ガラスハウス?はガラスが割れ、骨組みだけになっているところも多いです。

taifuu15gou_jimusho_28.jpg

taifuu15gou_jimusho_29.jpg

もう、こうなってしまうと全壊ですね・・・。

taifuu15gou_jimusho_30.jpg

taifuu15gou_jimusho_31.jpg

ごみ処理場や地域の集積所などは被災ごみであふれかえっていました。

taifuu15gou_jimusho_32.jpg

特に海沿いは風が一段と強かったため、軒並み、屋根やガラス、壁などが破壊されている家屋が目立ちます。 地域によってはブルーシートだらけです。 家屋の破損した部位が飛んで、車を破壊し、ガラスが割れたり、キズ付いたり(または廃車になったり)で当方含め自動車関係業者に修理や引き上げ対応が集中しました。 ディーラーもパンク状態でした。

taifuu15gou_jimusho_33.jpg

台風通過後も、雨や風が強い火が多く、折角張ったブルーシートが飛ばされ、またもとのとおりに・・・。
屋内は水浸しで、カビが生え全て使い物にならなくなってしまった家も非常に多く有ります。
シート張る→風で飛ばされる、そしてすぐに雨、またシート張る→雨も降り、湿気も多いので、すぐにカビだらけ。  そしてまた雨と強風。 そして次の台風・・・と永遠にエンドレスで屋根をやられてしまったお家は特に心がおれてしまったと思います。 知り合いにもいるだけに非常に歯がゆいです。  なんでこんな状況に・・・と。

taifuu15gou_jimusho_34.jpg

taifuu15gou_jimusho_35.jpg

taifuu15gou_jimusho_36.jpg

taifuu15gou_jimusho_37.jpg

画像は平地、海沿いの画像を載せていますが、山沿いも森林の倒壊で道路は通行止め、土砂崩れに電柱折れ・・・と山間部は山間部なりに被害も多かったです。 また山間部は井戸水をポンプで組み上げている地域も多く、停電によりポンプも作動できないため断水。 水も電気もないというさらに過酷な状況にも陥っていました。 そしてこのときの日中の気温が30度オーバー(34度くらいだったと記憶しています。 夜間も気温が下がらず、30度くらいありました。 )

千葉県内での電柱の倒壊本数が2000本以上あったとの聞いています。
君津市の送電線の鉄塔2基が倒壊したのも強く印象に残っています。
この鉄塔も耐風圧が40メートルの設計だったらしいですが、50メートル以上吹いた風で倒壊してしまったようです。
市原市でもゴルフ練習場の鉄塔が広範囲にわたって倒壊しましたね。 


最初の台風15号被害からはすでに1ヶ月半以上経ちましたが、いまだ全然復旧が進んでいない地域もあります。
半ばあきらめてしまったのか、ブルーシートすらかけずに放置されている家屋もかなりの数見かけます・・・。
 田舎という地域柄、大工さんや屋根屋さん、サッシ屋さん等数も限りがあれば、資材も調達がスムーズにできないようです。
元の生活に戻ることが可能になるには1年かかるのか?2年かかるのか?見通しが付かない方も多くいらっしゃいます。
 
 来年も、今回のような台風や各種災害が起きない保障はどこにもありません。 どこの地域で起きてもおかしくはない状況だと思います。   今回これほどの自然災害を身を持って知ったのは始めての経験でしたが、気を引き締める機会にもなりました。
 当方のできるのは被災した車を修理したり、車関係の各種お手伝いや作業をさせていただくことしかできませんが、少しでもはやく皆さんがもとの生活に戻れるよう、がんばってゆきたいと思います。

つづく。
関連記事
  1. 2019/11/01(金) 10:09:58|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<台風15号 その3 | ホーム | 久しぶりの更新です。 災害続きで本当に参りました・・・。   台風15号 その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する