自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

5月28日(日)にMADMAX集合~!

※画像は頂きものです。

今月28日にモグラハウスさん主催でバイクイベントがあるそうです。
マクラウドさんも出展参加しMADMAX軍団も招集かけるそうです。

当方もできるだけ参加の意向ですが、仕事の都合と自身のバイクの調子(現在あまり良くない・・・)次第で参加したいと考えています。  ベイクイベントですので、それはそれはたくさんのバイクも参加されると思います。 

 MADMAX軍団も招集かかっておりますので、MADMAX好きの方、間近で実車を見たいという方、もちろん参加して頂ける方、是非是非ご検討を!  しばらく長距離遠征に出ていないので、行きたいなぁ~! なんとか調整したいと思います。  メンバーさん達にも連絡しないといけないなぁ・・・。



  1. 2017/05/17(水) 09:14:53|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:2

季節柄、エアコンの作業が増えてきたな。

画像は旧規格のアクティトラックのエアコンユニット(エバポレーター)。
運転席の下に付いています。
簡易的なフィルターの様なものはあるのですが、年数が経つと朽ち果ててエバポのフィンに直接綿ぼこりが付着して通路をふさいでしまいます。 装着状態で綺麗に取り除くのは困難なため、一旦ガスを抜きユニットを取り外してケース内部ごと洗浄します。



ホコリが絨毯のようにびっしりです。 これじゃあ空気も通過できないから冷えないよね。 ぐえぇ・・汚ねぇ・・・。

HA3_ACTY_AC_EPABO_seisou03.jpg

ユニットを取り除いたところ。 これまたほこりっぽいところにあるから仕方ないですね。 
平成6年(当時)でトラックでエアコン付いているだけ稀少な方です。

HA3_ACTY_AC_EPABO_seisou02.jpg

ケースに入っているフィンですが、どういう訳か数カ所フィンがつぶれて(横倒し)になっているカ所があったので、こういったSSTでフィンを立ち上げ直します。(フィン修正ツール)   フィルターがなくなっていたから、何か異物が直接転がり込んだのかな?
 ラジエターやコンデンサーなどにも使える便利ツールです。

HA3_ACTY_AC_EPABO_seisou04.jpg


そいでもってこっちがMH23系ワゴンRのエアコンガス補充。
以前に蛍光剤を注入してありましたので、今回は場所の特定から。

紫外線ライトをあてて、専用のゴーグルでのぞくと・・・蛍光グリーンに光るカ所がありました。 コンデンサーに入る配管のつなぎ目ですね。

MH23S_AC_gasshuuri01.jpg

もう1カ所あった! コンプレッサーの配管接続部。

MH23S_AC_gasshuuri02.jpg

共にOリングの交換で対応。

MH23S_AC_gasshuuri03.jpg

緑のOリングでは適合サイズが無かったですが、右下の黒いのが適合。 2カ所交換後、真空引きして、オイル1本、ガス1本&3/4本注入でOKとなりました。 これでしばし様子見。 これから暑くなるからエアコンは必須ですね。



  1. 2017/05/16(火) 09:28:39|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0

久しぶりの更新。 あ~色々溜まっちゃったなぁ・・・。整備関係です。

まずはサンバーバン。 タイミングベルト交換に準じた部品交換と、オイルモレ修理などです。

サンバーの整備は久しぶりです。 商用車で広く使われる関係もあってか?リアエンジンで整備はしやすいので良いですね。
4発エンジンというのも魅力ですね。 まさに農道のポルシェ。

メンテナンスリッドの開口部も広く、上、右側面、後方からとすべての方向から手が入るのも整備上の魅力ですね。 最高!



まずはプラグの交換。 
固てぇ・・・とれねぇ・・・。やっとことれました。 ちょっとビビッった!
やけ方は割と均一のようですが、どのみち消耗していましたのでもちろん交換。
プラグコードは社外品が付いていたので今回はこのまま続投。

SAMBER_T_BELTkoukanhokaseibi02.jpg

ヘッドカバーパッキンも交換して、今度はタイミングベルト周りへ。 
画像ではすでに綺麗になっていますが、洗浄前はかなりのオイルまみれ。 
サンバーの持病なんでしょうかね。 シリンダーがとても傾いているので仕方ないのでしょうが、ほぼほぼオイル漏れ地獄のサンバーが多く見かけるのもやっぱり問題抱えているんでしょうね。

SAMBER_T_BELTkoukanhokaseibi03.jpg

前から思っていますが、スバル系のタイミングベルトは細くて不安になっちゃいます。(メーカーが問題なく使用しているので大丈夫なんでしょうが、ホンダー系のタイベル交換を頻繁に行う当方からすると、切れちゃうんじゃねーの?ってなくらいに不安に見えちゃいます。 上がホンダの(HH5型)アクティに使用しているタイミングベルト。 下が今回のスバルサンバー。 ホンダの6割程度の幅しかないですよね。 聞いた話によると、サンバー系(EN07系エンジン)のエンジンはタイミングベルトが切れてもバルブとピストンが干渉しないので、エンジン壊れないとか・・・。 マジですか? それならすごい!(無知ですんまそん)

SAMBER_T_BELTkoukanhokaseibi04.jpg

くみ上げて、油脂類も一通り交換し、完了!
スチーム洗浄もして綺麗になりました。(エキマニカバーだけオイル漏れのあとが消えねっす。)

SAMBER_T_BELTkoukanhokaseibi05.jpg

サンバー系滅多に触らないので知らなかったんですが、新規格のサンバーになってからオートマはCVTではなく普通のATだったんですね。 あやうくCVTオイルで交換してしまうところだった! あっぶねぇ~。 走ってみても他社のATのように変則ショックがほとんどなく、昔のスバルのECVTのような感覚の走りだったので、てっきりCVTかと思ってました。  メーカーや仕様によって全然違うんだなぁ・・・と感心した内容でした。 たまにスバル系触ると新鮮でした。 しっかし、ドライブベルト(通称ファンベルト)やタイミングベルト交換とか簡単だよなぁ・・・。 他にも、セルモーターやオルタネーター交換など、消耗してしまうユニットなどの交換も非常に楽チンだし、このメンテナンス設計はスバラシイと思う。 
 ※現行のサンバーは現在はダイハツのハイゼットをOEM供給でラインナップしているんですね。 ってことは、この型(TV1最終型)が実質4発エンジンの最後だったのか・・・。 良いエンジンだけにもったいないね。
  1. 2017/05/15(月) 12:03:34|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:5

MADMAXなBBQ2017 春  開催しました。

昨日、MADMAXなバーベキュー実施しました。
お仕事の都合などで参加できなかった方達が大半でしたが、数人駆けつけてくれまして、なんとか実施できました。
アザース!  

※今回参加出来なかった方達も、次回近いうちに再企画したいと思いますので、そのときは是非参加してくださいませ~。
待ってるよ~。



で、いつもの海ほたるで集合。



右からV-MAXのKMさん、その横がゼファー1100(トゥー仕様)のハタ暴さん、後ろがちょっと隠れて見えませんが、TRX850のマクラウダ代表シラトモさん(MADMAXコンベンションの発起人です)、その後ろがゼファー1100で鬼バックステップのミックさんです。 
 館山では750カタナグース乗りの後輩タケちゃん、車カスタムの常連さん3人と合流予定です。 まずはこの5台で館山まで南下します。

MADMAXBBQ2017_0430_02.jpg

見た目はコワイがオチャメなKMさん。 今回はバトルスーツではなく、ツーリング用の格好で来ました。 イベント時は本気コスプレですが、普段はこの方が楽なんだってw。

MADMAXBBQ2017_0430_03.jpg

初参加していただいたハタ暴(はたぼう)さん。 こう見えて初音ミクファンらしいっす!w
右はマクラウドさん。 いつの間にか?マッドマックス デスロード仕様から元に戻ってますな?あのダメージ仕様で来るかと思いましたが、さすがにツーリングでは恥ずかしいんだって(笑)

MADMAXBBQ2017_0430_04.jpg

館山まで南下中。(画像はマクラウドさんのツイッターより拝借させていただきました)

MADMAXBBQ2017_0430_05.jpg

で、当方会社に到着~。
さて、準備と買い出しに向かいますか・・・。

MADMAXBBQ2017_0430_06.jpg

近所のスーパーとドラッグストアにて買い物中。
この画像以上に買い物しましたが、妙に甘い物が多い気がしますが、気のせい・・・?w
参加者全員オッサンですが・・・。(画像はロッキーZさんのツイッターより拝借させていただきました)

MADMAXBBQ2017_0430_07.jpg

これぞ男のバーベキュー!  天気も良いし、最高だね!
(画像はロッキーZさんのツイッターより拝借させていただきました)

MADMAXBBQ2017_0430_08.jpg

手前2人がウチの車カスタムの常連さん、左はFTO乗りのジャッカルさん、右はZ34乗りのロッキーさん。このツナギ自前で作ったんだって!?マジ? (館山では不定期でゲリアオフなるカスタムカーのオフ会を実施しています。 その実行幹部さんです)

最初は異様な?雰囲気のバイク軍団に引き気味でしたが(笑)、すぐにうち解けて仲良くなりました。 次回ゲリラオフにMADMAX軍団参加できたら良いですね~!

MADMAXBBQ2017_0430_09.jpg

左はハタ暴さん。トゥカッターが焼き肉準備しています。(ヘルメット被ってやってもらえばよかったと後から激しく後悔・・・)
真ん中は千葉のトゥカッター仕様ミックさん。 右はV-MAXのKMさん。 焼き肉が待ちきれないようです。

MADMAXBBQ2017_0430_10.jpg

MADMAXBBQ2017_0430_11.jpg

MADMAXBBQ2017_0430_12.jpg

こういうのんびりした時間が幸せだなぁ・・・。

MADMAXBBQ2017_0430_13.jpg

MADMAXBBQ2017_0430_14.jpg

MADMAXBBQ2017_0430_15.jpg

おなかもいっぱいになりまったりしていたら風が出てきたので、テントを畳み、建物の陰に避難。
ここでなぜか話の流れでおもちゃや、スーパーカーカード、ガンダムの昔の食玩に付いての談義が始まりましたw

この系のネタにはシラトモさんがグイグイ食いつき(爆)、話が盛り上がり一同大爆笑。
MADMAXとは無縁の脱線ネタに花が咲きました。

MADMAXBBQ2017_0430_16.jpg

森永の食玩です。 なつかしいおもちゃだ・・・。

MADMAXBBQ2017_0430_17.jpg

ハタ暴さんやKMさんも結構詳しいっすね。

MADMAXBBQ2017_0430_18.jpg

MADMAXBBQ2017_0430_19.jpg

ガンダムのパチモン話でも大爆笑。 画像はネットより転載です。
ガンガルとかズクとかって・・・・。こりゃああんまりだわ。

昔は版権に関しておおらかだったんだなぁ・・・。
ちなみに、パチモン ガンダム で検索するとあるわあるわたくさん出てきます。  もうポカーンですわ。

MADMAXBBQ2017_0430_25.jpg

ズクって・・・・。しかも量産型。 イメージもそうだが、箱絵のバックグラウンドイメージやロゴの書体がまんま当時の¥300-ガンプラの箱絵じゃないの? 

MADMAXBBQ2017_0430_26.jpg

こんなのもあったね。
もうめちゃくちゃや・・・。  腹筋崩壊・・・。

MADMAXBBQ2017_0430_27.jpg

ジャッカルさん持ち込みの「ロビ」も登場。  踊ったり、しゃべったりするんですよ。 腕立て伏せもやったなぁ・・・。カワイイ。

MADMAXBBQ2017_0430_20.jpg

帰り際バイク話で盛り上がり、皆さん帰宅準備。

MADMAXBBQ2017_0430_22.jpg

MADMAXBBQ2017_0430_23.jpg

また近いうちにやりましょうね! 楽しかったです。 
ありがとうございました。
  1. 2017/05/01(月) 10:13:30|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:7

HA3アクティトラック 全塗装仕上げ

ちょいと前の作業ですが、ついでなので軽トラック作業ネタを掲載してしまいます。
こちらはHA3アクティトラック。 H6年車?とかなり古いのですが、エンジンはタフなのでまだまだ現役の車両です。
当時の軽トラックでは稀少なAT車でエアコン付きというそこそこ珍しいグレードでしたので、復活のベースとなりました。

作業車だけあって、外観はあちらこちらベコベコです。 唯一の救いはクサリが全然なかったこと。 これは幸い。
凹み/キズはなんとかリカバリーできますが、根っこから腐ってしまっている塩害車などは処置が困難ですので。



まずはバラしを兼ねながら、洗浄と足付け作業を平行して行ってゆきます。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE02.jpg

比較的泥汚れなどは少ない車両でした。
街乗りが多かったのかな?

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE03.jpg

凹み/キズを引っ張り出しながら板金処理。
地味にあちこちへこんでる。 

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE04.jpg

ドアも引っ張り出して、トンカンして仕上げ。 画像だと分かりずらいですが、ドア下半分へこんでいます。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE05.jpg

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE06.jpg

車体の方は水を切るために1日乾燥。この後、細かい部品をさらに外して、奥まった部位の足付け。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE07.jpg

外した部品は順次塗装してゆきます。
今回はやや濃いめのブルーメタリック系。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE08.jpg

もちろんドア中も塗装。   ホンダのドア内張などのブチルテープ?は乾燥性の無いベッタベタな接着剤?が使われており、内張を剥がして何か?の作業をする際にはかならず腕回りにこのベッタベタな粘着剤がくっつき回ります。 これが非常にやっかい。 イヤイヤの元ですね。 毎回思うが、ホンダさんコイツだけはやめてくれ。 作業性が悪すぎる。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE09.jpg

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE10.jpg

乾燥したらひっくり返して今度は外側。
(3コートパールの場合は色味の違いが出てしまわないように、ドア外などは車体に付けてから一緒に塗りますが、今回は普通のメタリック系なので、外したままで表裏塗装してしまいます。 水平に置き塗りした方が塗装の肌が綺麗になります。)

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE11.jpg

車体も板金完了したので塗装してゆきます。
サフェーサーの部位は凹み/キズを板金したところです。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE12.jpg

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE13.jpg

中までちゃんと塗ると気持ちが良いね。  さらに本格的にやるなら、室内もダッシュボードやイス、天張りも剥がして中の塗装もしますが、今回はそこまでは行いません。 

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE14.jpg

こちらは定番の内装の劣化具合。 紫外線で白っぽく劣化しています。
拭いたり、内装のコーティング剤をやったりしてもすぐに白くなってしまうので、今回は内装色に合わせて調色しました。 塗装で復元します。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE15.jpg

センターコンソールなども真っ白け。  これじゃあ外装綺麗でも、内装でがっかり具合が増してしまいますので、綺麗綺麗にします。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE16.jpg

塗装で復元。  ほら、綺麗になっちゃった。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE17.jpg

塗料に軟化剤とつや消し剤(フラットベース)を入れて、塗装前に樹脂部品にプラスチック製品密着剤(PPプライマー)を塗布して、密着を上げてから塗装しています。  これならちょっとやそっとのぶつけくらいでも剥がれません。  半ツヤなので、純正ぽくもなるしね。 

ドア内もこんなに綺麗に。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE18.jpg

内装は新品のレザーシートカバーを装着しました。  この型のアクティ系には汎用のトラック用布製シートカバーしか設定が無く、ショボすぎるので、奮発して別車種のものを加工して装着しました。 グレードアップしました!(画像に写っていませんが、ヘッドレストも同様にレザーシートカバーで巻いています)

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE19.jpg

ホイールは余っていたダイハツ純正?の13インチをガンメタリックブロンズで再塗装。 タイヤも新品に。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE20.jpg

当方オリジナル品のリップスポイラーも装着。(スポイラー端の固定がまだの状態ですので、ドアとの隙間が見えますがご愛敬。 この後ステーを装着して密着させました。)

あとはウインカーを後期型のクリアータイプに変更予定です。
こちらも整備が完了したら売却予定です。 

ヤボったい感じからかなりスタイリッシュにカスタム出来たと思います。
やっぱり、この型のアクティが一番格好イイなぁ・・・。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE21.jpg

以上、4日で完成でした。


  1. 2017/04/25(火) 00:48:20|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:2
前のページ 次のページ