自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

富士山がキレイだった・・・・。   セレナの速攻板金?修理。

所用があって木更津の方まで行ってきたのですが、高速を走っている最中に、柄にもなくとっても青空がキレイでなんだか得した気分でした。 高速を走っていると海側にちょうど富士山も見えるのですが、冬の時期だけあって、空気も澄んでて景色も綺麗。
 よし、帰りは下道で海沿いを走って帰ろう!と、途中寄り道したドライブインの駐車場から富士山を撮ってきました。



東京湾を挟んで対岸は久里浜のあたりですが、富士山まで結構な距離があっても意外に見えます。
写真だと伝わりつらいですが、実際に目で見るとなかなか壮観。   
 しょっちゅう通っている道で見慣れているけど、天気の良さとポカポカ陽気のおかげかちょっとハッピー!

fujisan_kirei02.jpg

抜けるような青空とはこういうことなんだなぁ・・・。
 
fujisan_kirei03.jpg

fujisan_kirei04.jpg

fujisan_kirei05.jpg

話は変わって、地元のお客さんが、先日奥さんが乗っていて追突をしてしまったそう。
保険は入っているので相手方の修理は問題無いのですが、自身の車両保険を入っていなかったので、なんとか安くなおらないか?と相談をされ、一番安い方法は、同色の部品をかき集めて、塗装せずに、見えないところは多少は目をつぶること。 そうすればなんとかやってみるよ。と返答。

 ネットで同色の外装パーツ、灯火類を探し集めていざ作業。
費用もかけられませんので、引っ張り修正も含めて2日以内ですべて終わらせます。

SERENA_FRONTbankin01.jpg

なかなか結構押されています。 よくエアバック開かなかったな・・・と。

SERENA_FRONTbankin02.jpg

SERENA_FRONTbankin03.jpg

運転席側のフレームも押されて少し折れて/つぶれています。 

SERENA_FRONTbankin04.jpg

当方ではフレームのきちんとした修理まではできませんので、簡易的に引っ張って少しでも引っ張りだせればな・・・と。(これ以上ひどい&ちゃんとフレームを出したい場合は、提携の同業者に依頼をかけます) 今回は上記の限りある予算&時間の関係上、簡易修理です。

SERENA_FRONTbankin05.jpg

SERENA_FRONTbankin06.jpg

SERENA_FRONTbankin07.jpg

今回、これだけの部品を交換しました。
バンパーは元々はライダーの仕様でしたが、バンパー下部を引っかけやすいのでノーマルのタイプにして欲しいとのことでしたので、ノーマルの小振りなバンパーにあえて仕様変更しています。

SERENA_FRONTbankin08.jpg

なんとか中古でそろったからよかったけど、色違いを再度塗装したら費用がかさんでしまうね。

SERENA_FRONTbankin09.jpg

なんとか1日で完成!
細かいところのチリあわせは完璧ではなかったけど、ほぼほぼわからないと思います。
ヘッドライトもかなり綺麗な物をみつけられたので、むしろ元より綺麗になった気がする・・・。

SERENA_FRONTbankin10.jpg

SERENA_FRONTbankin11.jpg

しめて7万円で修理完了です。 w
  1. 2018/02/07(水) 09:31:13|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:2

ドはまりしてしまった映画。

そう、みなさんもよく知っているアレ! アレですよ、あの有名な映画!

「WILD  な SPEED!」

間違っても 「ワイルド スピード!」  ではないです。

ワイルド な スピードです。

ひょんな事からアマゾンプライムのリストを見てたら引っかかって、見始めたら、アレ?なんか違くね?
とそこで初めて気が付いたという・・・。笑。 
 
 だって、タイトルイメージ画像も似てるもんっ!
いわゆるB級パチモン映画なんですが、出てくる車はなんとなくいじってある風のそこそこしっかりとした車だし、ストーリーもなんとなく~似ている風な感じだし、出てくる登場人物も似ている風の人たちだし~で、だまされて見たらハマっちゃいました。
 くだらね~! でもなんだか憎めない感じの映画で、笑いの感じがトップガンのお笑い風のホットショットのような、話の展開の雑さがジャッキー映画のようだったりと、笑って許せるユルーイ映画でした。 

WILDnaSPEED_01.jpg

ちなみに↓は本家 ワイルドスピードのドミニク(左)とブライアン(右)です。(画像はネットより拝借)



こっちはパチモン。 でもドミニクとか見てるとなんとなーくそー見えてしまうからおもしろい。

他にもあれ?なんとなくそうだよなぁというキャラクターがたくさん出てきます。(まあトンチンカンなキャラばかりですが)

でも、是非見て欲しいなぁ・・・。
知っている人は知っていると思います。 オイラは知らなかった・・・。

WAILDnaSPEED03.jpg
  1. 2018/02/06(火) 01:08:58|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

SK82T ボンゴ(バネット)トラックの流用ドリンクホルダー取り付け 消耗品交換整備

ボンゴネタ掲載の流れでもう一つついでで載せておきます。

ボンゴにはドリンクホルダーがありません。 エアコンに取り付ける汎用のものはとりあえず付いていますが、どうにも見た目がよろしくない。(笑) 運転席分はまだ仕方ないとして、助手席側にむき出しドリンクホルダーはちょっといただけない・・・という、かなり無理やりな設定のもと、以前に廃車から「なんとかこの部品流用とかで使えなねぇかなぁ・・・」と貧乏性のオイラは部品を取っておきました。
 
 記憶ではY33シーマの後ろ座席のセンターコンソールの端っこに装備されている格納式のドリンクホルダー。   高級車だけあって、中央のシルバーのボタンを押すと、スーとなめらかに自動で出てくるんですよ。 これは高級ボンゴトラックには装着するしかない!w とばかりに、勢いで取り付けることになりました。



ボタンを押すと、スーと出てくる。 このなめらかさがイイ! 無駄に豪華。 小汚いのはご愛嬌。w

VANETTE_TRUCK_shiage200.jpg

この辺にだね、ズバーと切って取り付けたいのだよ。 上面に接着して載せるのは、ほこりが溜まるし、ダッシュボードが掃除しづらいから嫌なんだよ・・・と無理な理由付け。 ただ単にドリンクホルダー買うのがもったいなかったのと、こういうチャンスでしか活用の機会が無いからなんて口が裂けても言えない・・・。

VANETTE_TRUCK_shiage201.jpg

うぉりゃ~! もう元には引き返せません。 

VANETTE_TRUCK_shiage202.jpg

んで、はめ込んでみた。
 まだ接着も固定もしていないから隙間があっちこっちにあるけど、後で処理して固定と隙間埋めを行います。

VANETTE_TRUCK_shiage203.jpg

まあ完成イメージ的なものってことで・・・。

ビス痕が残念な感じですが、まあ取り外した時からあった穴だから仕方ない。 まあ目をつぶろう。
木目が入ってちょっと高級ボンゴトラックがグレードアップしたよ。w
¥0- ドリンクホルダー完了です。

VANETTE_TRUCK_shiage204.jpg

ほいでもって、車検後の整備になってしまいましたが、消耗品の方を保全(のつもり?)交換しました。
* ファンベルト類2本、
* サーモスタット
* ラジエターキャップ
* タペットカバーパッキン
* スパークプラグ
* ラジエターロワーホース/アッパーホース
* 負圧ホース数本
* 他水回りホース数本
* タイロッドエンドブーツ左右
* ロワボールジョイントブーツ左右
* アッパーボールジョイントブーツ左右
* スタビライザーマウントブッシュ左右
* スラビライザーリンクブッシュ一式
* ミッション&デフオイル交換
* 冷却水交換
などです。    なんだかんだで結構あるなぁ・・・。

VANETTE_TRUCK_shiage205.jpg

まずは「タペットカバーパッキンやプラグの交換から。  外したついでで不圧のゴムホース類も併せて交換。
カムシャフト類はキレイですね。 OKOK!

VANETTE_TRUCK_shiage206.jpg

タペットカバーパッキンはカチカチで剥がす際に折れちゃいました。 

VANETTE_TRUCK_shiage207.jpg

スタビマウントブッシュとスタビリンクブッシュ。 つぶれてぺたんこ。 マウントブッシュもカチカチ&穴もガバガバ。
やっぱ新品はイイね。

VANETTE_TRUCK_shiage208.jpg

水回り、負圧関係などのホース類などの一部。 ゴム類の交換も必要ですね。

VANETTE_TRUCK_shiage209.jpg

サーモスタットの交換が思いもよらず苦戦。 2本のボルトとナットが周辺のブラケットや部品が邪魔で直にアクセスできず、脱着も結構大変。 1回目はサーモケースを閉める際に中のサーモがわずかにずれてしまっていたようで、そのまま組んで水を入れたらジャジャ漏れ。(泣)  またもう一度バラし(大変なのに・・・)再度確認しながら組み直して水注入。 2回目は大丈夫でした。

 見た目はスカスカっぽく見えるのですが、絶妙なところに邪魔な物ばかりあって、もうちょっと何とかならないんかい!とつっこみながら作業しました。 

VANETTE_TRUCK_shiage210.jpg

お疲れチャンの交換部品の一部です。 

VANETTE_TRUCK_shiage211.jpg

ようやくこれで本稼働ができそうです。 あとはブレーキのオーバーホールと塗装かな。


  1. 2018/02/05(月) 11:49:30|
  2. 加工取り付け/ワンオフ製作ほか
  3. | コメント:2

カスタムボンゴトラック 車検取得しました。

以前より制作していましたSK82Tのボンゴトラックですが、今まで使用していた旧型バネットトラック(ボンゴOEM)が1月末で車検が切れてしまったため、入れ替えも兼ねてSK82Tの方を車検を取ってきました。  

 とりあえず車検を通せるレベルでの最低限の整備はしてありましたが、まだ消耗品等の保全交換を行うつもりで、部品は取ってあるのですが、時間の関係上実施は出来ていませんでした。 その上での前倒しの中古新規車検です。

 整備関係に関しては、残りのカスタム作業と併せて掲載してゆきたいと思います。

まずは車検取得までの流れ。
仮ナンバーを借りて陸運局まで自走。 事前にテスター屋さんに立ち寄り各部のチェックと調整実施。

いざ検査コースへ。 空いていたので助かりました。



特に問題なくコースを追加。
新規検査で、なおかつ変更箇所もあったので、一連のコース通過後に新規の1コースへ。

BONGO_shakenshutoku02.jpg

主な変更箇所は、

元は荷台のアオリが無い状態で、保冷の箱が乗った「バン」での登録だったので、アオリをつけた通常の「キャブオーバー」へ車体形状の変更および箱が無くなった分の高さの変更(低くなる)

フロントスポイラーをつけた関係上全長が少しのびるので車体の記載の変更。

等です。  他は特に無くスムーズに変更完了。

BONGO_shakenshutoku03.jpg

無事ナンバー取得できました。 (電光の希望ナンバーです)

BONGO_shakenshutoku04.jpg

BONGO_shakenshutoku05.jpg

帰りに袖ヶ浦のアストロプロダクツに寄ってきました。
ただ見るだけのつもりで寄ったのですが、当然そんなんで済むはずがなく(笑)、小物工具を中心に13000円分ほど買ってしまいました・・・。 いかんなぁ・・・。   

BONGO_shakenshutoku06.jpg

今まで活躍してきたバネットトラックさん(ボンゴのOEMです)。 走行2万kmで購入してきてから早12年。(とはいってもまだ115000km)  今までに全塗装を3回ほど行いました。w  大きな故障もなく16年がんばってくれました。 今も特に悪いところは無いのですが、今度のはなんといってもエアコンとパワーウインドウという快適装備が付いているので、誘惑に負けて乗り換え決定になりました。w   まあそれだけではなく、今度のは低床のダブルタイヤなので、荷台が低い分、バイクなどの積み込みが楽になります。 これはうれしい。
 
 とりあえず個人売買等で次の嫁ぎ先を探す予定。 居なければそのまま廃車コースかなぁ・・・。 できれば誰かにのってもらいたいよね。  お疲れ様でしたぁ。

BONGO_shakenshutoku07.jpg

BONGO_shakenshutoku08.jpg
  1. 2018/02/01(木) 00:39:21|
  2. トラックネタ
  3. | コメント:0

GTOの外装仕上げ作業 その3 納車まで

前回からの続きです。 とはいっても、もう残す作業はヘッドライトとフロントバンパーの取り付けくらいでした。
ライト加工はオーナーさん自身が殻割りして実施。

今回は~納車までです。 

前回取り付けたバックランプ。 どのくらい明るいか?闇夜でを見せていなかったので今回撮影。 
少し前のボンゴトラックに取り付けたフォグランプとと同一品です。 SMD?の粒が6個くらいしかないのにも関わらず、激光。 どんな感じかというと、後ろにヘッドライトが付いている位の明るさ。 ちっこい薄型LEDなだけなんですけどね。 こいつがとにかく明るい。



GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou103.jpg

オーナーさんが苦労していた加工ヘッドライトも準備が出来たのでヘッドライトを車体に取り付け、フロントバンパーを取り付けます。  画像に見える黄色いテープは、殻割りしたヘッドライトのレンズ面を再接着して乾くまでの補助としてのマスキングテープです。 (前回来店時に、ヘッドライトの光軸調整やバイキセノンの作動確認、他の電気配線作業を一緒に行いました。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou104.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou105.jpg

今回は社外のヘッドライトを殻割りして、インナーベゼルを加工してバイキセノンを埋設。 ウインカー/車幅灯をチューブタイプにして、ヘッドライト内を長くキレイに見せようという作戦です。 

 見る方のほとんどが、GTOのヘッドライトでは無いというのはわかるかと思いますが、ZZT231系のセリカ用社外のライトをベースに加工しています。 

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou106.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou107.jpg

スモールつけた場合でのテスト。 想定外に明るい(まぶしい・・・)。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou108.jpg

ハザード時の点灯確認。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou109.jpg

ウインカー/ハザード点灯時。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou110.jpg

スモール+ヘッドライトの確認。  まぶしすぎて何がなにやら・・・。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou111.jpg

無事引き渡しも終わり、オーナー様とともにかえって行きました。

明るいときに撮った完成画像が無いので、後日オーナーさんより画像を送ってもらうこととなりました。
改めて昼間の画像も掲載したいと思います。 屋根を黒く塗ったのも正解でしたね。
車高が低く見えるし、より車種不明感が強調されてる。w

  1. 2018/01/27(土) 00:22:41|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:4
前のページ 次のページ